0コメント

トヨタはどうする?米に1170億円投資へ=トランプ氏批判かわす狙いか―FCA(フィアット・クライスラー・オーモービルズ)


※トヨタ社長は米国内の雇用は減らないと言っているが・・・トランプは米国内の雇用を更に増やしたいが為 にツイートしまくっていのるではないか?話が噛み合っていないと思うのは小生だけであろうか?
ftt.png

【ニューヨーク時事】欧米自動車連合フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)は8日、2020年までに米国内の2工場に計10億ドル(約1170億円)を投じる計画を発表した。

 これにより、計2000人の新規雇用を見込む。
ert.png
 今回の投資を通じて、主力ブランド「ジープ」のスポーツ用多目的車(SUV)など小型トラックの生産能力を増強する。FCAはかねてより、米工場では乗用車の生産を停止し、需要の旺盛な小型トラック生産に注力するとしていた。

 トランプ次期米大統領は、自動車メーカーの海外への生産移管などを批判し、輸入車に高い関税を課すと主張している。これまで、米フォード・モーターやゼネラル・モーターズ(GM)、トヨタ自動車が名指しで批判された。FCAは対米投資と雇用を打ち出し、先手を打った形だ。マルキオンネ最高経営責任者(CEO)は「米国をグローバルな生産拠点として強化し続ける」と強調した。
dgdg.png

 

"トヨタはどうする?米に1170億円投資へ=トランプ氏批判かわす狙いか―FCA(フィアット・クライスラー・オーモービルズ)" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: