0コメント

<伊達直人>私の名は河村正剛、43歳…「普通の人」

qq.pngqq.png

 ◇「タイガーマスク運動」の先駆け 後楽園ホールで公表

 「伊達直人」の名でランドセルを児童養護施設などに贈る「タイガーマスク運動」の先駆けとなった男性が7日、東京・後楽園ホール(文京区)で開かれたプロレスラー「初代タイガーマスク」の35周年記念イベントで初めて名前や顔を公表した。男性は群馬県在住の会社員、河村正剛(まさたけ)さん(43)。河村さんは「子どもたちは抱きしめられるため、周りの人を笑顔にするために生まれてきた。この思いを胸に活動を続けていきたい」と訴えた。



 河村さんは、幼少時に母と死別。ランドセルが買えず、手提げ袋で小学校に通ったため「自分のような経験をさせたくない」と、2010年のクリスマスの日、前橋市の児童相談所に匿名でランドセル10個を届けた。漫画「タイガーマスク」の主人公、伊達直人の名でメッセージを添えて話題になり、「タイガーマスク運動」が全国に広がった。

 その後も菓子などを贈り続けたが、「顔が見える方が子どもの励みになり、支援しているのは『ヒーロー』ではなく私のような『普通の人』と知ってほしい」と感じるようになった。「物を贈る運動からさらに一歩進めたい」との思いもあり、前面に出て支援しようと素性を明かした。

"<伊達直人>私の名は河村正剛、43歳…「普通の人」" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: