0コメント

パウエル訴状で左派狂乱 「クラーケン」の正体が現れる

9649a60983e47fb303eb65b71a550582-700x359.jpg
https://www.youtube.com/watch?v=2FRC5F_CNTY

パウエル弁護士が発表した2件の訴訟の文書リンクをツイッターがほぼ瞬時に封殺し、縮小版のリンクもブロックするなど、狂乱状態になった。さらに​ツイッターは、ペンシルベニア州で聴聞会を主催したマストリアーノ上院議員のツイッターアカウントも閉鎖した。この​ツイッターの露骨な狂ったような行為に世論は湧き上がった。怒りを爆発させたトランプ大統領は、ツイッターで“まさに共産党の国家がやることだ”とツイッターを厳しく非難し、“国家安全保障のためには、第230条を直ちに終了しなければならない!!!”とつぶやいた文に、3つ、感嘆符をつけた。ツイッターはこの大きな圧力の下、27日朝、パウエル氏の訴状ファイルへのリンクのロックを解除せざるを得なかった。​左派という利益集団が、パウエル弁護士が暴露しようとすることに、どれほどおびえ、びくびくしているかが分かる。しかし「クラーケン」の全容が現れたら、彼らはもうどこにも逃げられなくなるかもしれない。

この記事へのコメント