0コメント

クライスラー航空宇宙はシャトルプログラム、SERVとMURPを提案しました

chryslers-space-shuttle-proposal-the-ssto-serv-and-murp2.jpg

https://www.youtube.com/watch?v=___JNGJog0A


クライスラー航空宇宙はすでにサターン1と1Bファーストステージのために契約されていたので1971年に
彼らは代替のシャトルプログラム、SERVとMURPを提案しました

SERV:単段地球軌道再利用可能ビークルは、7m x18mのペイロードベイに53メートルトンのペイロードを持っていました
12個のLH2 / LOXエアロスパイクエンジンがベースのリムの周りに配置され、可動式の金属シールドで覆われていました
降下を遅らせるために接地直前に発射されたジェットエンジン


MURP、有人上段再利用可能ペイロード
MURPはHL-10リフティングボディ(600万ドルの男テスト車両)に基づいており、より大きなバージョンワン(D-34)は最大10人の乗客を運ぶことができました

この記事へのコメント