0コメント

安倍総理の決断の裏側!



ハーバード大学化学生物学部の部長でナノテクノロジーの権威、チャールズリーバー教授は
米国国防総省、国立衛生研究所から軍事関連研究で巨額の研究資金を受け取りながら(17億円) 中国政府と武漢理工大学からも高額な報酬を受け取って(一億円超え)ウイルスの提供や人材を斡旋していた。それぞれ5年間もの長きに亘った契約関係にあった。つまり、二重スパイだったのだ。
FBIの操作で詐欺などの容疑で逮捕された。

この記事へのコメント