0コメント

こりゃあ・・ダメだ!感染拡大止む無し!「現地はこんな感じ。画像では字が読みにくいですが、左手が清潔ルート、右側が不潔ルートです」

無題.jpg

橋本副大臣が2月20日午前11時半ごろにアップしたのは上記の写真。船の中での感染管理についてを説明する流れで、以下のような言葉が添えられていた。

「現地はこんな感じ。画像では字が読みにくいですが、左手が清潔ルート、右側が不潔ルートです」

クルーズ船をめぐっては、神戸大学感染症内科教授の岩田健太郎さんがゾーニングがされていないことなどについて「悲惨な状態」などと言及。YouTube動画をアップし、大きな議論が巻き起こっていた。

「ゾーニング」とは、ウイルスに感染する可能性の高い場所と、感染する可能性がない安全な場所を分けること。感染の可能性のある場所では、防護服などを着て感染を防ぎ、安全な場所に入る前に防護服は脱ぐ。感染を広げないための基本的な対策だ。

厚労省側は反論、しかし



加藤勝信厚労大臣は国会で「岩田医師はわずか2時間しかおられなかった」「ゾーニングはしっかりおこなわれている」と反論していたほか、橋本副大臣もTwitterで岩田医師の乗船について「正直驚きを禁じ得ません」などと述べていた。

そうした議論が巻き起こるなか、アップされた今回の画像。「ゾーニング」の実効性がほとんどないかのように見えることから、橋本副大臣のTwitterには「内部告発ですか?」「素人でも一目でわかる」「大丈夫なのですか?」などとのコメントが多く寄せられている。

また、岩田医師も自らのTwitterで「この手前(写真撮ってるとこ)が清潔不潔が完全にクロスするゾーンになる、ということがおわかりいただけますでしょうか」「橋本さんにもゾーニングの問題を共有していただけて嬉しいです」などとコメントした。

複数の医療関係者からも、船内の「ゾーニング」に疑義を示す意見が相次いであがっている。橋本副大臣は2時間ほどして、画像を削除した。

この記事へのコメント