0コメント

【脳と心】–脳が世界を作る–




観自在菩薩行深般若波羅蜜多 時照見五蘊皆空度一切苦厄
舎利子色不異空空不異色 色即是空空即是色受想行識亦復如是
舎利子是諸法空想 不生不滅不垢不浄不増不減
是故空中無色無受想行識 無限耳鼻舌身意無色声香味触法
無限界乃至無意識界無無明亦 無無明尽乃至無老死亦無老死尽
無苦集滅道無知亦無得 以無所得故菩提薩垂依般若波羅蜜多
故心無圭礙無圭礙故 無有恐怖遠離一切転倒夢想究境涅槃
三世諸仏依般若波羅蜜多 故得阿耨多羅三藐三菩提
故知般若波羅蜜多 是大神呪是無上呪是無等等呪
能除一切苦真実不虚 故説般若波羅蜜多呪
即説呪曰羯帝羯帝波羅羯帝 波羅僧羯帝菩提僧莎訶
般若心経
まず、1行目は観自在菩薩、つまり観音菩薩が悟りを求めて修行される中で、五蘊(この世を構成するあらゆること)は空であると悟られた、と書かれています。

2行目、3行目の頭にある「舎利子」とは古い弟子のシャーリプトラのことで、彼に向って呼び掛けているわけです。

その内容は、2行目が「シャーリプトラよ、この世のあらゆるものには実体がない(空)。それは人の肉体や感覚でも同じことである。」

3行目が「シャーリプトラよ、実体がないのだから、生まれもしないし、消えることもない。汚れることもないし、清らかでもない。増えることも、減ることもない」というものになります。

4行目から8行目は、空の思想についての解説です。3行目から引き続いて、シャーリプトラへ呼びかけています。
「ほんとうには、人の体や心が感じることや、考えることはすべて存在しないのだ。それらを知らないことから起こる、悩み苦しみも存在しない。しかし、老いも死も避けることはできず、悩み苦しみは尽きることがない。それらをすべて解決などできないし、その方法を知ることもできない。そこで、すべてのことにこだわりを持たず、欲望から離れることでこそ、悟りを得て涅槃へと至ることができるのだ。」

9行目から11行目は、その悟りを得るための真言についての解説です。
「偉大な真言が、悟りへと導いてくれる。その真言は次のようなものである。」

そして、12行目、いよいよここが「ぎゃーてーぎゃーてーはーらーぎゃーてー」のところです。
「羯帝羯帝波羅羯帝波羅僧羯諦菩提薩婆訶(往き往き、彼岸に往けるもの、その者こそ悟りである。幸あれかし。)」

以上が、般若心経の意味になります。

この記事へのコメント