0コメント

23歳セクシーモデルの「処女」が3億円! 落札した「東京の政治家」とは?

747.jpg 


奇怪なニュースが永田町を揺るがしている。

 2月21日付の英ミラー紙によると、アゼルバイジャン出身で23歳のモデル・ママドゥザダさんがドイツの売春斡旋サイト「シンデレラ・エスコート」を通して、自身の処女を入札にかけたところ、200万ポンド(約2億8800万円)で落札した人物がいた。

「東京の政治家」だというのだ。

 サイト側が「入札者の名前は機密事項」と記載しているため、永田町やネット上では「いくらなんでも、そんな金権政治家はいない」「フェイクニュースじゃないの?」と疑問視する声も上がっていた。そこで本誌が問題のサイト「シンデレラ・エスコート」に取材を申し込むと、仰天の回答があった。

「名前は明かせないが、1カ月以内にママドゥザダさんは、東京の政治家と対面します」

 さらには新たな“事実”をこう暴露した。

「東京の政治家はインドネシアでもう一人の女の子を確実に買っている」

 このニュースはインドネシアの最大の新聞にも載っており、金額は1億5千万円だったという。

 現在、日本の国会議員は約700人いるが、資産が3億円を超えるのは、10人にも満たない。麻生太郎氏ですら4億8682万円だ。

 そんなに大金を支払える政治家が果たして東京にいるのだろうか。

 そこで本誌は、元国会議員の資産家で大物フィクサーとされる人物の意見を聞いてみた。

「私は襟を正して生活しています。そんな変な政治家とお付き合いがないからわからないね(笑)」

 他に心当たりのある政治家がいるかを尋ねると、こう一蹴された。

「いくら政治家がバカと言われても、そんなことする人はどこにもいないでしょう。永田町を探したって無駄です」

 一方、処女を入札にかけたママドゥザダさんはどんな人物なのか。

 昨年、トルコのファッションショーでパリス・ヒルトンさんとステージに立った経験もあるモデルという。シンデレラ・エスコートによると、彼女はオークションで得た資金で、母親のために家を購入したり、祖国で犬の保護センターを建設したりする計画だという。真相は藪の中だ。

マブバさんはトルコを拠点に活躍するモデルで、多くの有名ステージにも立っている。自身の処女を競売にかけることは以前から告知しており、その理由をこう話す。

母は私のために全てを費やしてくれました。今度は私が恩返しをする番です。オークションで得たお金で母のために家を購入し、自分の留学費用にも充てたり旅行をしたいと思っています。


当初予想していた金額より20倍以上の高値がついたというが、マブバさんのように処女を売る理由が「親孝行のため」だという女性たちが後を絶たない。たとえ自分の意思であるとはいえ、闇サイトのこの仕組みには多くの疑問の声が寄せられている。

今後、落札したとみられる東京の政治家はドイツのホテルでマブバさんと対面することになるという。その際、彼女が本当に処女であるかを確かめるべく、医師立ち会いのもと処女検査も受けるようだ。

一体、東京の政治家とは?

本名が公表されたわけではないので確証のあるものではないが、本当ならさらなる波紋を繰り広げることとなりそうだ。



週刊朝日  2019年3月15日号







この記事へのコメント