0コメント

欧州で時計遅れる その意外な原因

pic_topics06_03.jpg

3月7日、欧州では職場や学校に遅刻した人たちが大勢いるかもしれない。だがそれには正当な理由がある。欧州大陸の電力供給網の周波数にかつてないような偏差が生じ、一部の時計が遅れるというトラブルが起きているのだ。
 この問題は、セルビアとコソボ間の政治的な争いに起因する。コソボの一部地域の住民らが電気代を支払わずに地元の送電網から電力を利用していることの影響が、ポルトガルからドイツ、ポーランド、ギリシアまで欧州大陸の25カ国をカバーする電力網の全域に及んでいる。

 「欧州の電力系統は相互に接続しているので、どこかで不均衡が生じると全体の周波数がわずかに低下する」と欧州送電系統運用者ネットワーク(ENTSO-E)の広報担当者、クレア・カミュ氏は語る。

 ベルギーのブリュッセルに拠点を置くENTSO-Eは6日に声明を発表し、「欧州送電系統においてこのような形で平均周波数に偏差が生じるのはかつてないことだ。この事態を収束させなければならない」と述べている。

 欧州では電力周波数が50Hzに統一されている。セルビアとコソボの周辺でこの周波数に偏差が生じたことにより、1月半ば以降、交流電流の一定周波数を利用して作動する電気時計に6分ほどの遅れが生じるという影響が生じている。この問題は、水晶振動子を用いた時計には影響しない。影響が及ぶのは主に目覚まし機能付きラジオやオーブンの時計、暖房装置のタイマーなどだ。

 ENTSO-Eは目下、技術的な解決策に取り組んでおり、数週間で事態を正常化できる見通しだという。ただしENTSO-Eは欧州当局と各国政府に対し、この問題の中心にある政治的問題を解決するよう促している。

 「技術だけで対処できる問題ではない。コソボの電力不足の問題について、セルビアとコソボ両国間での合意が必要だ。この問題はまず政治的に解決し、その上で技術的に解決する必要がある」。カミュ氏はAP通信の取材に応じ、そう語った。

 セルビアとコソボの間の摩擦の背景には、約20年前から続く両国間のより広範な問題がある。1999年にコソボ紛争が終結して以降、依然セルビア人勢力が支配するコソボ北部地域の住民らは、自分たちが使用している電気の料金をコソボ政府に支払ずっていない。

 2015年には両国間でこの問題を解決するための合意が成立したが、まだ合意内容の実現には至っていない。

 セルビアの送電事業者であるEMSは、今回の問題の責任はコソボにあると主張。「コソボは1月から2月にかけて、欧州送電系統から契約外の電力を無断で引き出している」と述べている。

 一方、コソボの送電事業者KOSTTの幹部カドリ・カドリュ氏は、コソボ北部のセルビア系住民居住地域では電力が使用されているにもかかわらず電気代が支払われておらず、それがKOSTTにとって大きな金銭的負担になっている、と説明する。

 ENTSO-Eは声明で、「政治的な解決策がみつからなければ、周波数偏差の問題は解消できないかもしれない」とも述べている。

 ただしこれまでのところ、この問題の影響が及んでいるのは時計だけのようだ。

 「欧州大陸の電力系統は配電や送電事業者によって全地域の基本的なニーズを確実に満たせるようになっている。正直なところ、時計が遅れること以外に特にリスクはない」とカミュ氏は語る。

この記事へのコメント