0コメント

遺伝子を自在に ゲノム編集の衝撃  山中伸弥さん(京都大学iPS細胞研究所所長)

X-Men-Days-Future-Past-Bryan_Singer-Poster-Top.jpg

※人が人間らしく居られるのはさほど長くはない?四半世紀後にはXMENの登場か!

遺伝子を自在に ゲノム編集の衝撃
ゲスト 山中伸弥さん(京都大学iPS細胞研究所所長)

(中略)
今回のこのゲノム編集の技術というのは、私自身が基礎研究を始めてもう25年くらいになりますけれども、その中で出会った技術の中でも、恐らく一番画期的といいますか、一番すごい技術じゃないかなと思っています。(中略)

今までの品種改良は、多くの部分は偶然に生じる遺伝子の変化、これに頼って長い年月をかけて少しずつ品種改良をしてきたんですが、今回のこのゲノム編集というのはもう狙い撃ちで、この遺伝子、この機能のこの遺伝子をこう変えて、そして自分たちの人類にとって役に立つ品質に変えようという、しかも短時間で。今までちょっと考えられなかったような技術ですから、研究者としてもいまだに驚きの気持ちでいっぱいです。
(中略)
mig.jpg
5年ぐらい前に突然出てきたこのゲノム編集という技術は、どんな種でもどんな人間であっても、ネズミであっても植物であっても、魚であっても使えますし、効率が非常に高いんですね。(中略)簡単で成功率が高くて、いろんな種に適用できる、いろんな生物に適用できるという、この3つがそろっている技術というのは、ちょっとほかに今までなかったんじゃないかなと思います。(中略)もうiPS細胞なんて足元にも及ばないような、ものすごく可能性のある技術なんですね。

ただどんな科学技術でも、いい面と、それからよくない側面があります。(中略)このいい面だけを伸ばしたら、人類は後悔することはないと思います。人類はますます幸福にすることができると思いますが、悪い面を伸ばしてしまったら、これは後悔することになると思いますから。(中略)

ちょっと前まで、5年前までSFだと思っていた、人間の設計図を書き換えることが可能になりました。これ、どうするか、科学者だけの議論だけではだめです。科学者に加えて、いろんな生命倫理者、(中略)市民の方も含めた議論が必要です。
lif1506220015-p1.jpg

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

この記事へのコメント