0コメント

Oats Studios - Volume 1 - Rakka

◆ シナリオライター兼プロデューサーのニール・ブロムキャンプ氏(チャッピと呼ばれるロボットやエリュシオンなどの映画を制作):

2017年5月22日のテレグラフのインタビューで、もうじきETによる侵略が始まる、と警告しました。
また、彼の新作映画は地球人に危機が迫っていることを警告していると述べました。

______________________________________________________

昨年から急にUFOの情報が主要メディアで流れ始めました。
イルミナティのプロジェクト・ブルービーム(計画)ではホログラムを使って大空にエイリアン侵略を演出することになっています。エイリアン侵略を演出することで世界を一つにまとめ、統一政府、統一軍、統一宗教でNWOを確立させることになっています。
以下の記事は、専門家らが今年はエイリアンの侵略があると警告していると伝えています。
エイリアン侵略を警告しているということは、プロジェクト・ブルービームが実行に移されるということなのでしょうか。それとも、アヌンナキの宇宙船とも言われている惑星X(二ビル)の接近を警告しているのでしょうか。
それとも、太陽系の周辺で長い間待機していた邪悪なエイリアン(レプティリアン以外)たちが、これまで地球を独裁支配していたレエプティリアンを追い出し自分たちが地球を支配しようとしているのでしょうか。
どちらにせよ、世界の人々は再び騙されそうです。このような情報には注意しましょう。これまでもそうでしたが、このような情報があっても実際には何も起きないようになっています。ただ、エイリアンの侵略という情報が流れるとすれば、エイリアンでなくとも何か大きな変化が起きるのかもしれません。


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

この記事へのコメント