0コメント

食べ続けたら死の危険10倍!身近な危険な食べ物・添加物まとめ (1)

yjimageUZAF2903.jpg

インスタント食品がカラダに悪いことはあなたはご存知だと思いますが
それ以外にも普段食べているものにいっぱい危険なものがあるってご存知ですか?
これだけの危険なものが許されているのは日本だけです。

健康に過ごすためにも危険なものを食べないようにするため
危険なものをまとめてみました。


1.飲料
◦1−1.香料で作られているファミレスのコーヒー
◦1−2.実は太るカロリーオフの飲み物
◦1−3.レッドブルなどのエナジードリンク
◦1−4.日本の水は大丈夫か!?〜都会の水はもう飲めない〜


1−1.香料で作られているファミレスのコーヒー
a1370_000329
ファミリーレストランなどでのおかわり自由なコーヒーって一見お得なように見えますが、
実は食品添加物のリン酸塩が増量剤として混ぜられ、
失われた風味はコーヒー香料で添加しごまかしているのです。
リン酸塩のとり過ぎは要注意です。

・リン酸塩の弊害
リン酸塩は骨の石灰分をつくるという重要な働きをしていますが、
多くとり過ぎると鉄分の吸収を阻害したり、体内のカルシウムと結合して
対外に排出されカルシウム不足を招くなどの弊害があり、
それによって体の治癒力や免疫力が低下するという悪循環に陥ってしまいます。

1−2.太るカロリーオフの飲み物


カロリーオフ飲料に盛んに使われている合成甘味料があります。これは、アスパルテーム、スクラロース、アセスルファムKなどが使われてます。これらの成分は、化学合成物質であり、体内に入っても分解されず、体内を廻って、肝臓や腎臓にダメージを与えたり、免疫を低下させる可能性があると言われています。

体内に入れば、毒物として認識してしまう物質を、カロリーオフだから、糖分はとってないからという理屈で、飲んでしまいます。飲むときの甘さ、味覚を満足させたいために取り入れてしまいます。

宣伝攻勢で、ダイエットできるようなイメージをもたせることで、消化できない合成物質とは知らされず、知らずに飲んでいるのが実態です。飲料水メーカーは、合成甘味料を使うことで、砂糖よりはコストがかからず、さらにゼロカロリーということで、健康ブームの後押しもあり使用してしているのでしょう。

1−3.エナジードリンク
心臓に疾病を持っていた方がレッドブルを4缶飲んだところ、急性的なカフェイン摂取により心臓発作を起こしてしまい亡くなってしまった昨年(2011年)12月に心臓の不整脈で死亡した米メリーランド州の14歳の少女は死亡前に2日続けて大サイズのエナジードリンク缶を飲んでいた


1−4.日本の水は大丈夫か!?〜都会の水はもう飲めない〜
日本中の水道水は安全性を保つため、法律で塩素をいれることが義務付けられており、浄水場で「カルキ」という塩素で殺菌されますが、河川の汚染が進むにつれて、塩素の投入量はどんどん増えてきました。この塩素が水中のアンモニアと反応することであの独特のカルキ臭が発生します。さらにこの塩素が人体にも悪影響を及ぼすことがわかっています。
まとめてみました。

1. 肌がカサカサになる
水道水の塩素は、髪や肌のタンパク質を壊すだけでなく、細胞にも大きなダメージを与えます。

2. ビタミンを壊す
水道水で、野菜や米などの食品を洗うと、ビタミンの10~30%が損失することが明らかになりました。塩素が食品の細胞に入り込み、ビタミンを壊すことが原因です。

3. 残留塩素はガンを引き起こす可能性がある
浄水場で塩素殺菌を行う際に発生する発ガン性物質が指摘されています。その物質とはトリハロメタンです。トリハロメタンは、残留塩素とも呼ばれ、クロロホルムという成分が主になっています。これを多く摂取すると、中枢神経や肝臓に負担をかけることになります。加えて水道管の中の赤サビです。水道管の内部は年月とともに赤サビが発生し、粘土のように水中に溶け出しやすいため広範囲に広がっていきます。


________________________
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

この記事へのコメント