0コメント

歌手のGACKTが仮想通貨事業に参入!

gackt-spindle-ico.png
国内で有名なミュージシャンである「ガクト氏(本名:大城ガクト、Gackt)」が事業家として仮想通貨「Spindle(スピンドル)」のICOに参加を表明したことで大きな話題を集めています。

ICOとしてスタートするSpindleについては一部では怪しい詐欺ではないかという情報もあり、どのような仮想通貨なのかも併せて現在注目を集めています。

ICOは仮想通貨(ビットコインやイーサリアムなど)を使った資金調達方法であり、従来の資金調達のコストを大幅に削減かつ迅速に資金調達が可能であるのが特徴ですが、成功すると投資者は大きなリターン得られる可能性ある一方で、実態のない仮想通貨をただの資金集めのための詐欺も一部で行われているもの事実となっています。

国内の大型ICOでは2017年にCOMSA(コムサ)が100億円を調達したことで大きな注目を集めました。コムサではホリエモンこと堀江貴文氏も注目しており、また国内の有名投資家も億単位の資金を投資したりしています。



_________________________________________________________


_________________________________________________________


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

この記事へのコメント