0コメント

旧ユーゴ戦犯、法廷で服毒自殺 有罪判決直後に




【AFP=時事】(更新)オランダ・ハーグの旧ユーゴスラビア国際戦犯法廷(ICTY)で29日、1992~95年のボスニア・ヘルツェゴビナ内戦での残虐行為の罪に問われていた元クロアチア系軍事組織司令官のスロボダン・プラリヤック(Slobodan Praljak)被告(72)が、禁錮20年の判決を言い渡された直後、判事らの目前で毒とみられる液体を飲み、自殺した。

 プラリヤック被告は判決後、怒りをあらわに「プラリヤックは犯罪者ではない。判決を拒否する」と叫ぶと、茶色のガラスの小瓶を口元へと持ち上げ、中身を口の中へ注いだ。

 被告の弁護人は「私の依頼人は、毒を飲んだと言っている」と叫び、公判は中断。法廷関係者によると、被告は現場で手当てを受けた後、病院に搬送されたが、死亡が確認された。

 ICTYの公判は厳重な警備の下で行われており、すべての被告や傍聴人に対して厳しい所持品検査がある。同被告がどのように小瓶を法廷に持ち込んだかは分かっていない。

 クロアチアのアンドレイ・プレンコビッチ(Andrej Plenkovic)首相は、プラリヤック被告の行動は、クロアチア系ボスニア人、クロアチア人の被告らに対するICTYの「深い道徳上の不当性」を示していると非難し、被告に対する追悼の意を表明した。

 ICTYでの被告人自殺は今回が初めてではなく、1998年と2006年にもクロアチア系セルビア人の被告が勾留施設で自殺している。【翻訳編集】 AFPBB News
.
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

この記事へのコメント