0コメント

トルコの湖の底で3000年前の要塞を発見!うわさは本当だった・・・





◆ 古代遺跡があるという地元の噂を信じて調査

 トルコ東部、イランにも近い位置にあるトルコ最大の湖ワン湖(ヴァン湖)は、一見ほかの湖と同じように見える。美しい青色の湖面は多くの観光客を集め、周辺の町を潤している。だが、その湖の底には、何千年も知られることのなかった別の町が隠れていた。

 遺跡が見つかったのは、ダイバーたちのチームとワン百年大学の考古学者らが、湖の潜水調査を行っているときだった。

 ダイバーチームを率いたタフシン・ジェイラン氏は、トルコのアナドル通信社に対して、この地域に詳しい考古学者からは、見つかるものはほとんどないだろうと言われていたことを明かしている。

 チームはそれでも、水中に古代遺跡が存在するという地元の噂を信じて、調査を行うことにした。ジェイラン氏は地元メディアに対し、遺跡はほぼ1キロメートルにわたって広がっていると話している。3~4メートルほどの要塞の壁を目視で確認できたという。

 ジェイラン氏が撮影した動画には、青い湖を泳ぐ考古学者たちと、水中でレンガの壁のように積み重ねられている大きな石が映っている。要塞の廃墟の構造は、石を積み上げただけのものから、きれいに敷き詰められた壁までさまざまだ。

 チームが目視で判断したかぎりでは、遺跡は3000年ほど前のものと見られる。おそらく、この地域の鉄器時代、ウラルトゥ王国の時代に作られたものだろう。

 ウラルトゥは、現在のトルコ、アルメニア、イランにまたがる古代国家だ。米国メトロポリタン美術館の古代近東美術部門によると、ワン湖は古代社会の中心地だった。このあたりからは、ウラルトゥ最古の記録となる碑文なども見つかるかもしれない。

 考古学者らは、町は湖面の上昇によってゆっくり沈んでいったと考えている。湖の周辺部からは、まだ沈んでいない大規模な村の遺跡などが見つかる可能性もある。

 考古学者とダイバーたちは、この古代の廃墟の解明を進めるために、さらに湖の調査を続ける予定だ。

この記事へのコメント