0コメント

アルゼンチン海軍の潜水艦、連絡途絶える 同国初の女性潜水艦将校も乗艦

fgh.jpg
【11月18日 AFP】アルゼンチン海軍は17日、44人が乗り込んで母港に戻る途中だった潜水艦「サンフアン(ARA San Juan)」と連絡が途絶えたため捜索していると発表した。

 サンフアンは通常動力型のドイツ製TR1700型潜水艦。南米最南端に近いウスアイア(Ushuaia)で通常任務を行い、首都ブエノスアイレスから南に約400キロにある母港マルデルプラタ(Mar del Plata)に帰還する途中で消息を絶った。アルゼンチン海軍のエンリケ・バルビ(Enrique Balbi)報道官によると、サンフアンは10日前、マルデルプラタからウスアイアに向かい、同地に3日滞在した後、母港に向けて出港していた。

 バルビ氏は記者会見で、サンフアンは15日朝を最後に海軍司令部との連絡を絶ったと述べた。アルゼンチン当局によると16日から海軍の駆逐艦1隻とコルベット艦2隻、航空機2機が捜索を行っている。

 サンフアンと最後に連絡が取れたバルデス(Valdez)半島の南東約430キロ付近の海域を捜索したが、夜間で悪天候だったこともあり手掛かりは見つからなかったという。
1280px-Submarino_ARA_San_Juan_(33866567363).jpg

S41ARASantaCruzWWM.jpg
 サンフアンに搭載された非常時に無線信号を発信する装置は作動していない。火災が起きたとの報道もあるが、海軍はこれを否定した。バルビ氏は「私はこの件を劇的に表現することを望まない。連絡が途絶え、何が起きたのか分かっていないということだ」と述べた。バルビ氏は「バッテリーに問題が生じたのかもしれない。動力の問題かもしれない」と述べ、もし動力関連の問題ならば潜水艦は浮上することになっていると説明した。

 サンフアンにはアルゼンチン初の女性潜水艦将校となったエリアナ・クラフチック(Eliana Krawczyk)さん(35)も乗り込んでいる。クラフチックさんの父親のエドゥアルドさんはテレビ局「トド・ノティシアス(Todo Noticias)」に「乗組員全員が無事であることを祈らせてください。海において乗組員はみなきょうだいです。潜水艦は(通常の)船よりもリスクが高い」と語った。

 アルゼンチン外務省によると、米国、英国、チリが「今回の人道的捜索でのロジスティクスの支援と情報交換」を申し出た。

 サンフアンはアルゼンチンが保有する3隻の潜水艦の中の1隻で、全長約65メートル、全幅約7メートル。ドイツ企業ティッセン・ノルトゼーウェルケ(Thyssen Nordseewerke )製で1983年に竣工し、2007年と2014年に耐用年数を約30年延ばすための改修を受けた。(c)AFP
75917e79-s.jpg

uui.jpg

この記事へのコメント