0コメント

アサド政権の退陣を目論む欧米が化学兵器偽旗テロを画策か 

8089e50294910c6cb163e5cb54ad137b-21-1.jpg

露外務省 シリアでの新たな化学兵器攻撃に関する米国の警告は「たわごと」

転載元) Sputnik 17/6/28

シリア政府が化学兵器による新たな攻撃を準備しているとする米国の発表は、いかなる裏付けもない。ロシア外務省のガチロフ次官は、このように指摘した。

スプートニク日本 

ガチロフ氏は「シリア軍が化学兵器の使用を準備しているという発表は完全なるたわごとであり、ナンセンスだ… これらの憶測はいかなる裏付けもない。いかなる事実も挙げられていない」と述べた。

またガチロフ次官は、米国のこのようなレトリックは交渉プロセスを複雑にし、アスタナとジュネーブで行われている取り組みに悪影響を与えていると強調した。

これより前、米大統領府はシリア政権が化学兵器の新たな攻撃を準備しているとしてこれを非難し、米国側が何らかの措置を講じる可能性を警告した。




————————————————————————

シリアで偽"化学兵器攻撃"するとホワイト・ハウス

転載元) マスコミに載らない海外記事 17/6/29

Moon Of Alabama
2017年6月27日

ホワイト・ハウスは、シリア政府が"化学兵器攻撃"を準備していると主張している。明らかにそんなことなどあり得ない。シリアは、しかけられた戦争に勝利しつつある。

(中略) 

2017年初め、アメリカ新大統領トランプが、シリア政府について、前向きな発言をした。アサドは留任してよいと言ったのだ。

(中略) 

二日後、アルカイダが支配していた町ハーン・シャイフーンで、次の"化学兵器攻撃"が仕組まれた。

(中略) 

アメリカ諜報機関は、シリア政府による化学兵器攻撃など起きてはいないことを知っていた。しかし、トランプ政権は、シリア空軍基地に対して巡航ミサイルの雨を降らせるのに、この出来事を利用した。ネオコンは欣喜雀躍した。とうとう、トランプを連中が思っていたとおりにさせたのだ。

(中略) 

5月末、フランス新大統領マクロンが、シリア政府に対する姿勢を表向き、変更した。

(中略) 

シリアのアサド大統領に対する敵対的な姿勢を急転換したのだ。

(中略) 

だが、マクロンはこうも言っていた。


“(中略)…化学兵器を使用したら、たとえフランスの単独行動であろうとも必ず反撃する。”


この発言で、即座に私の頭の中で警報が鳴った。

(中略) 

このマクロンのセリフは、更なる偽事件をしかけるように、タクフィール主義者を誘うものだ。

(中略) 

ホワイト・ハウスは、シリア政府が"無辜の子供たち"を殺す化学兵器攻撃を準備しているという情報を持っていると主張している。

(中略) 

愚か者のアメリカ国連大使が早速これに飛びつき、(中略)…誰がどのような犯罪をしようとも、(中略)…シリア、ロシアとイラン政府が有罪になることを明らかにした。


ニッキ・ヘイリー? @nikkihaley - 2017年6月27日2:36 AM
シリア国民に対して行われるあらゆる更なる攻撃はアサドのせいだが、彼が自国民を殺害するのを支援しているロシア & イランのせいでもある。


(中略) 

トランプの今日の予定を見よう。


Laura Rozen? @lrozen - 2017年6月27日8:56 AM
トランプは諜報情報ブリーフィングの前に、朝一番でフランスのマクロンと電話した。それからマクマスター国家安全保障問題担当大統領補佐官と会談。


(中略) 

イギリス国防相は、イギリス政府はシリアにおける化学兵器攻撃に対するあらゆるアメリカ"報復"に"完全に同意する"と述べた。

(中略) 

発表されたニセ"化学兵器攻撃"と、それが正当化するはずの"報復"は、(中略)…シリア南西のダルアー周辺で起きる可能性が高い。

(以下略)

この記事へのコメント