0コメント

京大、iPSで血液難病治療 19年春にも治験開始

iPS-saibou3.jpg

京大、iPSで血液難病治療 19年春にも治験開始 2017.2.28 

京都大学iPS細胞研究所の江藤浩之教授は28日、人のiPS細胞を使って、血が止まりにくい難病患者に輸血する臨床試験(治験)を2019年春にも始めると発表した。止血に必要な血小板と呼ぶ血液の成分をiPS細胞から大量に作り、患者が出血した際に症状がひどくなるのを防ぐ。

治験は血液のがんといわれる白血病や骨髄異形成症候群、重い貧血の再生不良性貧血の患者を対象にする。いずれの患者も血液成分が体内でうまく作れなくなり、いったん出血すると血が止まりにくい。現在は献血によって集めた血液成分を輸血しているが、外敵から身を守る免疫の働きで4割の患者は輸血直後に細胞が壊れてしまう。

計画では、京大iPS細胞研究所がこうした免疫反応を起こしにくいタイプの健康な人から作って備蓄しているiPS細胞を使う。

江藤教授らは当初、2017年度の治験開始を目指していた。しかし1月、同研究所が備蓄していたiPS細胞に品質管理の不備が発覚、供給を停止したため、治験の開始は1年半遅れる。今後は治験に使うiPS細胞を選ぶ作業などをやり直す。江藤教授は「当初より品質が良いものを提供したい」と話している。

【日本経済新聞】

◆引用URL: http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG28HBN_Y7A220C1CR8000/


この記事へのコメント