0コメント

富士山噴火の想定訓練 航空機実物大模型で日航と消防



___________________________________________________________________
dddpoi.png
日航と東京消防庁は18日、羽田空港にある同社訓練施設で、航空機の実物大模型を使った救助訓練を合同で初めて行った。富士山の噴火で発生した火山灰で航空機のエンジンが故障し、東京湾に緊急着水したという設定で、客室乗務員と消防隊員が約90人が参加した。


JAL緊急脱出訓練
想定;飛行中にエンジントラブルが発生。機長が、海への不時着水を決断。
年に一度、定期的に訓練を行なってい­ます。
この訓練お受け合格しないと乗務することができない。
__________________________________________________________________

◆お買い物は【DubLi】経由が断然お得!

ppqoq.png

この記事へのコメント