0コメント

iPS備蓄拡充、日本人の3割に対応 京大・山中教授が講演

maxresdefault.jpg

京都大学iPS細胞研究所の山中伸弥教授は2日、都内で開かれたシンポジウムで講演し、移植用iPS細胞の備蓄を拡充することを明らかにした。現在は日本人の17%にしか対応していないが、4月から3割に引き上げる。その後も徐々に拡充し、2022年度末までに8-9割をカバーできるようにする。

備蓄したiPS細胞を使う再生医療の初の臨床研究計画が1日に厚生労働省に了承されており、今後のiPS細胞の需要増に備える。

iPS細胞からは様々な細胞や組織をつくることができるが、臨床研究のたびに患者本人の細胞からiPS細胞を作製すると費用も時間もかかる。このため京大は他人の細胞であらかじめiPS細胞をつくり、備蓄して移植を目指す企業や大学に提供している。

提供するiPS細胞は日本人に最も多い免疫の型を持つが、この型でカバーできるのは人口の17%。山中教授は「2番目に多い、日本人の13%をカバーするiPS細胞の提供を4月に始める」と述べた。

計画では、その後さらに種類を増やし、22年度末までには75-150種類のiPS細胞を提供。日本人の8-9割に移植できるようにする。

また京大は1月、製造工程の管理不備で臍帯血(さいたいけつ)から作るiPS細胞の提供を一時停止したが、山中教授は工程を見直し、1月末に製造を始めたと話した。提供の再開は9月になる見通し。

【日本経済新聞】

◆引用URL: http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG02H91_S7A200C1CR8000/

___________________________________________________________________
dddpoi.png
__________________________________________________________________

◆お買い物は【DubLi】経由が断然お得!

ppqoq.png

この記事へのコメント