0コメント

グローバリストに対する宣戦布告を意味する言葉が込められたトランプ大統領の就任演説



◆ 【アメリカ第一】=【アメリカ国民が第一】

日本のマスゴミはオウム返しのようにこの演説を酷評していますが・・・
______________________________________

 
トランプ大統領は就任演説の冒頭にこう言って、わずかに間を置いた――「私はワシントンDCの権力を、あなた方アメリカ人民の手に取り戻す」。これは、脇で聞いていた一部の者たちには、許せない発言、宣戦布告を意味する言葉だったはずである。彼はしばらくして、これは通常の政権交代ではない、アメリカはこの瞬間から完全に生まれ変わる、とも言った。

素朴な、日当を貰って抗議運動をやるような者たち、あるいは、日本人で事情を知らない人々には、意味がわからなかったかもしれない――アメリカは民主主義の国なのだから、たとえ失政はあったとしても、主権在民は同じではないか。

アメリカという国が、メディアがその前提に立って喋っている、単純な民主国家でないことは、世界のほとんどの人が気づいているだろう。これを、アメリカ帝国と呼ぶ人もある。しかし最近は、その性格を指してDeep Stateと呼ぶことが多い。私はこれを「深層国家」と訳しているが、これはおそらく「深層構造」(deep structure)が意識されているからである。目に見える表向きには、アメリカはあくまで民主国家である。それは表層構造(surface structure)であり、形式上はきちんと民主的に選挙を行う。しかしアメリカの権力の出所は、目に見えない深いところにある。それは大統領でもCIAでもない。だから民主主義の根幹である選挙の結果を、何とかして理屈をつけてひっくり返そうとする。つまり暴力や無法が許される。そしてマスメディアは、そして我々自身も心のどこかで、この暴力や無法を許容している――アメリカは世界の警察なのだから、それは許されるのでは?…

この背後の権力者(グローバリストと呼ばれる)は、アメリカ国籍さえ持っていない者が多いと言われる。だからアメリカ自体が二重構造になっているのではない。アメリカが、国籍をもたない、あるいは国籍を考えない者たちに、ひそかに乗っ取られているのである。トランプはこれに対して立ち上がった。そしてアメリカを、アメリカ人の手に奪い返すと言っているのである。グローバリストには、“我が国の人民”などという観念はないのだから、人民の雇用や福祉などは考えない。自分たちエリート仲間の利益しか考えない。

このアメリカ合衆国の構造が、見抜かれないように努力しているのも、彼らであり、彼らはマスメディアをその目的に用いている。だからいくら新聞(日本もアメリカも同じ)を読んで勉強しても、それはわからないようになっていて、知るべき最も重要なことはほとんど報道されず、報道されることも“表層”だけで、その本質はわからない。だから大衆のほとんどは、自分がどんな世界に住んでいるのかがわからず、気分の悪い思いをしているはずである。例えば主流メディアは、米大統領選の本当の争点が何であるかを、決して言わなかった。


(続きはここから)
今のところ我々は、インターネットなど、いわゆる代替ニュースに頼るしかない。これを“市民ジャーナリズム”だとして、連携して企業メディアと対決し、悪に立ち向かおうと呼びかけているState of the Nationのようなウェブサイトもある。真実を暴く代替ニュースを、ワシントン‐主流メディアが、“フェイク・ニュース”だとして、法律まで作って弾圧しようとするのは、いかに代替ニュースが正しいか、いかに彼らが、自分たちの罪を暴かれるのを怖れているかを証明している。

先日、トランプは各新聞の記者を相手に会見を行った。トランプが全く怯むことなく、CNNなどを指して、「お前はフェイク・ニュースだ」などとやり合ったのは、痛快なだけでなく、多くの人の目を開かせるものだった。世界中の人民を騙し続けてきたフェイク・ニュースの張本人が、フェイク・ニュースを取り締まるというのは、これはもう世の終わりということであろう。

就任式の終わった後でコメントを求められたオバマが、「しっかり現実を捉えていないと、やがてしっぺ返しを食うよ」と言っていた。現実? 確かにその通りだ、ご忠告有難う。しかしこの“現実”は、トランプの見ているアメリカの現実とは正反対である。この転倒ぶりは、フェイク・ニュースの転倒ぶりと同じである。オバマはDCをヘリコプターで飛び立つまで、ついにトランプと接点を持つことができなかった。

当たり前のことだが、トランプは就任演説で、意味深長だが節度をわきまえた言い方に終始した。腹の中では、「犯罪者ども」という言葉を押し殺したに違いなく、それはまた当然である。親子ブッシュ、クリントン、オバマの後に、腹をくくって悪霊の大掃除を引き受けた者として当然である。あえて邪推すれば、これは、あの冷静で強烈な印象を与えるプーチンから学んだものかもしれない。

暗殺はとりあえず免れた。しかし、その恐れはこれから毎日続く。あえて自分を犯罪者の立場に立たせてみるならば、やはりトランプを殺す以外に安住の場所はない。トランプもそれを半ば覚悟しているだろう。私はフィリピンのドゥテルテ大統領の言葉を買っている――「暗殺が怖くて大統領ができるか!」しかしこれは、地位などに関係はない。命を賭けて不正を正そうとする者すべてに当てはまる。
___________________________________________________________________
dddpoi.png
__________________________________________________________________

◆お買い物は【DubLi】経由が断然お得!

ppqoq.png

この記事へのコメント