0コメント

オールジャパンで再生医療製造システム、成果着々 世界を視野に

P1020802.jpg
ja_taiseizu1.jpg
再生医療の関連技術を保有する日本の企業や大学、研究機関などが結集して再生医療製品の製造プラットフォームを構築するプロジェクトが進展している。民間企業など27社・機関が参加する経済産業省認可の技術研究組合「幹細胞評価基盤技術研究組合」では、iPS細胞(人工多能性幹細胞)や間葉系幹細胞(MSC)を実際の臨床研究などで使えるレベルの細胞として製造できる設備、評価技術の研究開発に取り組んでいる。上流から下流まで一気通貫した再生医療製品の製造システムを完成させ、グローバル展開も視野に入れた実用化を目指す。

【化学工業日報 The Chemical Daily】
df3b254d75bc7271ee9ebd7931c70c6f1.jpg
◆引用URL: http://www.kagakukogyonippo.com/headline/2017/01/05-27668.html
dddpoi.png
____________________________________
ppqoq.png



この記事へのコメント