0コメント

往生際の悪いシオニストたち!イスラエル軍機がシリア空軍基地にミサイル攻撃か、シリア軍発表

nnn.png
【1月13日 AFP】シリア軍は13日、イスラエルのミサイル攻撃により、首都ダマスカス(Damascus)郊外の空軍基地で爆発が複数回発生したと発表した。

 国営シリア・アラブ通信(SANA)は、軍当局筋の話として、「ティベリア湖(Lake Tiberias、別名:ガリラヤ湖、Sea of Galilee)北部から午前0時25分、敵であるイスラエル軍機が、テロ組織を支援しようとする必死のたくらみとして、ミサイルを発射した」と語り、「シリア軍は敵であるイスラエルに対し、あからさまな武力行使への反撃を警告するとともに、テロを撲滅するためにテロとの戦いとを継続していく」と述べた。

 13日午前に行ったAFPの取材では、イスラエル軍から攻撃に関するコメントは得られなかった。

 AFPの特派員は爆発音を複数回耳にし、ダマスカス郊外の西に位置するマッジ(Mazzeh)空軍基地から大きな炎が上がるのを目撃した。

 一方、在英NGO「シリア人権監視団(Syrian Observatory for Human Rights)」は、ミサイル数発が弾薬庫を直撃し、基地周辺で爆発が8回発生したと述べている。(c)AFP
_____________________________________
dddpoi.png
_____________________________________________________________
ppqoq.png

この記事へのコメント