0コメント

内海聡著 田布施システムなど日本の歴史の解明


_______________________________________________
内海 聡(うつみ さとる、1974年(昭和49年)12月9日 - )は、日本の内科医、漢方医。

自ら「キチガイ医」と名乗り、医療だけでなく政治や社会の問題点に切り込んでいる。断薬のためのTokyo DD Clinicを立ち上げ、自らが理事長のNPO法人薬害研究センターに食事療法、栄養療法、東洋医学、量子力学を応用した治療法、ホメオパシー、アロマテラピー、発汗温熱療法などを導入し、反精神薬・薬害ネットワークという向精神薬に反対するネットワークも立ち上げている。

意に反して親の強い要求で内科医となり、治らない医学の現実を突きつけられ東洋医学を学んだ。2009年2月から意気投合した笠陽一郎の「精神科セカンドオピニオン」にかかわる。2010年8月時点では西洋医学と東洋医学の融合を目指していたが、2011年11月には「精神医学など存在していい代物ではない」として「笠陽一郎とその一派、この稀代の詐欺師たち」と述べ、2013年5月には 『医学不要論』を出版した。日本東洋医学財団に賛同する医師として講演会を行っている。3.11以後に世の中がおかしいことと医療や食の問題は同じシステムであることを主張し、多数の本を出版して多くの講演を行うようになった。
_____________________________________________________________
1974年兵庫県生まれ。

親が内科医であったが、彼は文系で歴史が好きであったために跡継ぎをするつもりもなかった。親からの強い要求によって「不本意ながら」医学部に入学したが、研修時代を患者が詰めかけるような忙しい病院で過ごし、患者の訴えを聞き自分で考えることが重要であるとして、医学に熱心になった。2000年に筑波大学医学専門学群を卒業し、内科を専門とするようになった。

彼が当初胡散臭さを抱いていた漢方が、劇的に効果を表した経験から、2004年には漢方を学ぼうと東京女子医科大学附属東洋医学研究所の研究員となる。翌年の2005年に東京警察病院消化器内科に勤務し、さらに翌年の2006年に牛久愛和総合病院内科・漢方科と、勤務医として過ごし、2006年に漢方が得意であったため牛久東洋医学クリニックを開業する。自著『精神疾患・発達障害に効く漢方薬』の冒頭では、自身について「私は地方のクリニックで診療するヤブ医者で、漢方の知識を少々もっているに過ぎない」とし、漢方薬をうまく活用して西洋医学と東洋医学を融合させることで、より多くの患者が救えると主張している。

総合病院の漢方科に所属する内科医として、精神科や心療内科から回されてくる患者を診ているころから精神科に疑問をもっていたが、書店で2008年発刊の『精神科セカンドオピニオン』に出会い、誤診誤処方の疑問が解けていく感覚を感じ衝撃を受け、ウェブサイト「精神科セカンドオピニオン」では漢方薬についてのアドバイスをし、そして笠陽一郎からオピニオンそのものを引き継いだ「続・セカンドオピニオン」を開始することになったことを語っている。一方で、別のインタビューでは、薬漬けをなんとかせねばと思っていた中、インターネットで「精神科セカンドオピニオン」というサイトを知り、笠にメールして意気投合したためサイトにかかわるようになったことを述べ、サイトでボランティアのアドバイスを行いはじめたのは、2009年2月からである。2010年11月27日に「精神科セカンドオピニオン掲示板」は、内海への攻撃を契機として状況が一変し、笠陽一郎の意向により突然閉鎖された。
dgdg.png

この記事へのコメント