0コメント

フランスで「宮崎駿」「北野武」などに次いで有名な日本人『レ・ロマネスク』がアツい!



2016年世界的に大ブレイクしたアーティストといえばピコ太郎だが、実は数年前から海外で大人気の日本人ユニットが実在するのをご存知だろうか? 2000年にフランスパリで結成され、今やフランスでは「宮崎駿」「北野武」「黒澤明」に次ぐ知名度を誇るという。

彼らの名前は『レ・ロマネスク』。幅広いジャンルを取り入れた音楽はもちろん、林家ペー・パー子さんを彷彿させるピンクのド派手な衣装はインパクト大だ。すでに日本デビューもしており、来年はさらにブレイクする予感……。今回はそんなレ・ロマネスクにスポットを当てる。

・フランス人が知る日本人第4位

レ・ロマネスクは、メインボーカルのTOBI(トビー)さんとMIYA(ミーヤ)さんによるユニットだ。ヨーロッパのクラブシーンや音楽フェスで人気を博し、2010年には女優ジェーン・フォンダと「パリ国際映画祭」の広報大使も務めたという。
________________________________________
第1位:宮崎駿
第2位:北野武
第3位:黒澤明
第4位: レ・ロマネスク
第5位:嘉納治五郎
第6位:錦織圭
第7位:羽生結弦
第8位:オノ・ヨーコ
第9位:三島由紀夫
第10位:浅野忠信

な、なんと宮崎駿、北野武、黒澤明といった巨匠に次いで4位にランクイン! 日本でも各方面から注目はされているが、いかにフランスでの知名度が高いかが分かる。なお、レ・ロマネスクと答えたフランス人は「オリジナリティがある」「クセになる面白さだ」などのコメントをしていた。
バナー.jpg
gahag-0046160058-1.jpg

この記事へのコメント