0コメント

中国製バグ誘発内臓チップが 最新鋭米英戦艦 航行不能にする!

2222.png
ワシントン(CNN) 米海軍の最新鋭駆逐艦「USSズムウォルト」がパナマ運河を航行中、エンジン故障で航行できなくなるトラブルに見舞われたことが24日までに分かった。

海軍の幹部によると、修理にどのくらい時間がかかるかは現在調査中。第3艦隊司令官が、パナマにある米海軍の元基地に同艦をとどめて故障の原因を調査するよう指示したという。・・・・

1111.png
この故障原因について詳細は明らかにされてないですが、中国製チップにありというのは、例のウワサのロシア諜報筋の話からですね。

それぞれ44億ドル、12億ドルという最高額のミサイル搭載ハイテク駆逐艦、ロシアに言わせれば、なんで心臓部にあたるところに中国製チップ・セット(蔑称 チップデストロイヤー/チップ殺し)使うのか?!ということになるんでしょう。

まぁ、そのチップセットは中国人民解放軍製でありオバマ政権下で購入を余儀なくされたらしい。戦艦のみならずミサイル制御やコミュニケーション・システムにも使用され、米英協定で、英国にも流れているとのこと。ロシアでは海軍が類似の経験をして2015年には購入停止措置をとったとのこと。が、残余はフランスに流れて、この9月フランスはエジプトに売りつけ、ポーランドの防衛相の発言では、エジプトから1ユーロでロシアに還流してるんだとか。
___________________________________
バナー.jpg
gahag-0046160058-1.jpg

この記事へのコメント