0コメント

消えていった・・・三角テトラパックの牛乳

mori-school.jpg
時代の流れと共に色々なものが消えていきましたね。

三角パックの牛乳もしかり・・・

利便性を最優先する現代社会

懐かしいものとなってやがては消えていく

悲しい現代社会・・・・・
yjimageDIU149ME.jpg

三角パックは、それまで不可能だった、紙パックへの牛乳工場で連続充填が出来る(生産効率が上がる)機械が出来たことで、爆発的に広がりましたが、その形状のため輸送の時には特殊な形態のコンテナが必要(回収の手間も出る)だったり、トラックに積む時も隙間無く積み込むことは無理でした。
sss.png
後日、今のような直方体の紙パックでも連続充填できる機械が開発されたことにより、特殊な形状のコンテナも必要なくなり、隙間無く積み込みも可能となりましたので、輸送効率や保管スペースの問題解消などで、どうしてもそっちの方へ移行していきました。
aaa.png
今現在では、元々、三角パックを技術開発し、容器用紙パックなども供給していたテトラパック社自体も、日本国内での供給をやめましたので、日本国内では紙の三角パックは、自前で紙パックを用意しない限り製造は物理的にも無理になりました。
____________________________________________________
◆懐かしの「三角パック」なテトラパックのコーヒー牛乳がローソンで復刻!

日本テトラパックは6月30日、三角パック「テトラ・クラシック・アセプティック」を採用したコーヒー牛乳が全国のローソンで発売開始されたと発表した。

 スウェーデンのテトラパックが開発した三角パックは日本では1950年代に導入され学校給食などで利用されていたが、2004年以降国内での販売は休止(少ない棚面積で大量の商品を陳列するコンビニの需要に向いておらず、直方体のブリック容器に移行したためと言われる)。2014年に常温保存対応のテトラ・クラシック・アセプティックとして提供を再開している。

 ローソンが、第一号店の開店から40周年を迎えることを記念した「懐かしい商品シリーズ」として、日本酪農共同の乳飲料「毎日コーヒー」を販売する。
________________________________________
CUPtyXFVAAACdIk.jpg
__________________________________________
バナー.jpg
gahag-0046160058-1.jpg

この記事へのコメント