0コメント

ワクチンと自閉症の証拠を見つけたドクターが殺される! ロバート・デ・ニーロはアンチワクチン映画『Vaxxed』は上映中止

celeb90_f.jpg
私にはサリー・O・エルコーディ(Sallie O. Elkordy)という、豪快で素敵な反ワクチン活動家の親友がいる。彼女はインディのオンライン・ラジオやケーブル・テレビでワクチンの危険性を訴える番組に主演し、ワクチン禁止を目的に、ニューヨーク市長選にも出馬している女性だ。

彼女が、この4/24日はスケジュールを空けておくように、と言ってきた。

「確定するまで言っちゃダメと言われているから、何かは言えないのだけど、特に、あなたは喜ぶことよ」と、サリー。

それが、ドキュメンタリー映画『Vaxxed: From Cover-Up to Catastrophe』が、トライベッカ映画祭でプレミア上映される日だったのだ。この作品のデビュー日の1ヶ月前になって、サリーが喜んで「このことだったのよ」と、伝えてきた。
celeb90_1.jpg
俳優ロバート・デ・ニーロが建設したトライベッカ映画祭で、ワクチンと自閉症の関連性をCDC(アメリカ疾病対策予防センター)が隠蔽してきたことを告発するドキュメンタリーが上映されるとは! 

それは、驚きだった。反ワクチンの声が表に堂々と出る機会は、あまりない世の中だから。
ロバート・デ・ニーロは2016年3月25日、この映画『VAXXED』を擁護する声明を世に発表した。

「これは僕と家族にとって、とてもパーソナルな自分事なのです。議論の場を作るためにも『Vaxxed』を上映しようと思います。
グレースと僕には、自閉症の子供がいます。僕たちは、自閉症の要因をめぐる問題は公平な議論と検証がされるべきだと信じているのです」

ところが!  
そのデ・ニーロの声明が出た翌日、突如として『VAXXED』はトライベッカ映画祭での上映を中止した。

「トライベッカ映画祭チームと科学界のコミュニティと共に再検討して、この映画は私が望んだような議論の進展に貢献しないという結論にいたりました」
と、いう緊急声明が出された。
celeb90_2.jpg


◆ワクチンと自閉症の証拠を見つけたドクターが殺される!
9890de359125b8ec8e38a66d2e39738e.png

あり得る話である・・・
ロバート・デ・ニーロはアンチワクチン映画『Vaxxed』の
映画祭上映に尽力していたが断念した・・・!
こうなることを怖れたのだろう・・・。
しかし、
トランプ次期大統領は、
常に討論会で議論していた・・・


事件は2016年6月19日であるが、


その前から、
映画『Vaxxed From Cover Up to Catastrophe TRAILER』上映中止などで



物議を醸していた。



結局映画祭上映は断念されたが、


議論はいやが上にも高まっている・・・。


それをトランプ次期大統領は調査を開始するという。


その前に、重要な研究者が殺された。


映画『Vaxxed;From Cover-UP to Catastrophe』の監督は、

医師免許をはく奪された・・・。

そして、

最悪の手法は抹殺である。
___________________________________
バナー.jpg
gahag-0046160058-1.jpg


この記事へのコメント