0コメント

何故か切ない・・・90代の夫婦が同じ日に自宅で病死 長寿の仲良し夫婦 板橋区常盤台

120804-537x350.jpg
_____________________________________

人は生まれてくる時も死ぬ時も一人と云うが・・・最後は二人、誰に看取られることもなく
言葉が見当たらないほど重く切なく感じるのは私だけではないと思います・・・
どちらかが、先に亡くなられたと思いますが、その時の悲しみは想像するのに耐えません
きっと、人生で一倍深い悲しみだったこと思います・・・神様がいたのでしょうか
残された方の思いを叶えてくれる神様が・・・一緒に逝かせて下さいと・・・
______________________________________

東京都板橋区常盤台の住宅で、90代の夫婦の遺体が見つかったことで、夫婦の死因は病死で、同じ日に息を引き取っていたことがわかりました。

発表によりますと11月21日午後4時30分ころ、板橋区の職員が「安否の確認ができない家庭があるので一緒に来てほしい」などと、交番に110番通報があったということです。

この通報を受け警察官らが区の職員と板橋区常盤台1丁目にある住宅を訪れたところ、2階のリビングで男性(97)と女性(93)の夫婦が布団にうつぶせの状態で倒れていました。夫婦はその場で死亡が確認され、死後約4日程が経過していたということです。

遺体に外傷はなく、発見時、玄関に鍵はかかっていませんでしたが、何者かに室内を荒らされた形跡はありませんでした。

その後、警視庁板橋署が同月22日、夫婦の遺体の司法解剖を行ったところ、死因は病死ということがわかりました。

警察官らが夫婦の自宅を訪れた際、台所には炊飯器に炊き上がったご飯があり、食卓にはおかずなどが準備されていた状態だったということです。

板橋署幹部は取材に対して「朝か夜かはわからないが、ほぼ同時刻ころに亡くなった可能性が高い」などと話しました。
____________________________________________
◆インターネットのお買い物はDubLiが断然お得!

en_vip_savings_300_250

この記事へのコメント