0コメント

【忘れてはならない惨事】 千日デパート火災

hqdefaultQBA1246Z.jpg
千日デパート火災(せんにちデパートかさい)は、1972年(昭和47年)5月13日、大阪市南区(現在の中央区)千日前の千日デパートで起きた火災である。死者118名・負傷者81名の日本のビル火災史上最悪の大惨事となった。

ui.png
下階店舗が閉店した直後の22時27分頃に3階婦人服売り場より出火。フロア内の防火シャッターやエスカレーターの防火区画が閉鎖されていないまま、上下階へ火が回った。結局、延焼は2 - 4階に止まったが、建材・販売品の燃焼による有毒ガスがエレベーターシャフトや階段、換気ダクトといった竪穴を通じて階上に充満し、当時、作業をしていた工事作業員らの初期消火失敗や、各々のテナントの責任者による消防体制の不徹底等が重なって多数の死傷者を出す惨事となった。

出火原因は電気工事関係者のタバコの不始末と思われるが、当日、タバコを吸っていた関係者の動きが正確に判明していないため確定していない。出火場所は3階フロアーの南東角の部分であったという。逃げ道であるはずの階段室[7]が煙突の役目を果たし、営業中であった7階のキャバレー「プレイタウン」にまたたく間に煙が充満。たまたま土曜日で、休みの前日に当たり店内には客が多かった(当時はまだ週休二日制は一般的ではなかったが、いわゆる“半ドン”で土曜の午後を余暇とする習慣があった)。さらにエレベーターが火災による停電で停止[8]。逃げ場がなくなり、救助袋を使って脱出を試みるものの、正しい使用方法が理解されず、やむなく救助袋にしがみついて下に降りようと試みたがあえなく墜落し、あるいは客の中には窓ガラスを割り、15m下の地上目掛けて飛び降りた者もいた。結果、落下による24名の内22名が全身挫傷や頭蓋骨骨折などで死亡し被害を拡大させる一因となった。飛び降りなかった客の多くも一酸化炭素中毒で窒息死し96名が7階フロアで折り重なるように倒れていたという。一部は、窓枠にしがみつき半身を乗り出した状態で絶命していた。また非常誘導路上に間仕切りが施され、事実上誘導路が消失していたこと等、雑居ビルの欠陥を露呈させる事件となった。


__________________________
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で





この記事へのコメント