0コメント

巨大太陽フレアが今月と12月に地球を襲う?

Unknown-4-300x168-480x307.jpg

◆科学者からの警告:巨大太陽フレアが地球に向かってきており、3年~4年分の食料を備蓄する必要がある!

(中略) 

巨大な太陽フレアが地球に到達します。その結果、停電が起きたりGPSが使えなくなる恐れがあります。

(中略) 

地球にとって太陽嵐こそが脅威であり、警告後、たった12時間で地球に到達してしまいます。
政府は、飛行機の墜落、列車の脱線、大規模火災、大停電、サテライトの破壊を引き起こす恐れのある巨大太陽嵐に対する備えがないことを認めました。

(中略) 

Dr.ミチオ・カクは、二ビルがいつ地球に最接近してもおかしくない時期にきた、と警告しています。

(中略) 

太陽フレアとともにコロナガスが噴出すると、地球の広い範囲で長期間の停電が発生する恐れがありあす。

(中略) 

米軍内部の情報筋によると、NASAは、10月中に第二波が地球に到達することを知っており、ずっと宇宙を観測しています。また、12月にはこれまでにないほど巨大なエネルギーの第三波が地球を襲うでしょう。
その結果、世界人口の3分の1が消滅しかねません。
Dr.カクも、太陽が予想不可能な活動をしており、巨大な太陽フレアが地球に到達する恐れがあると警告しています。


en_vip_savings_728_90

この記事へのコメント