0コメント

セブンイレブン 廃棄食品を配合飼料に エコ連鎖による有害物質の蓄積・濃縮

20160819seven.jpg

セブンイレブンジャパンは店舗で販売期限切れとなった、
食品由来の飼料を使って生産した鶏卵の活用を始めました。
東京都と埼玉県のセブンイレブンおよそ1300店舗が排出した食品を
取引先が配合飼料に加工し、指定の養鶏農場で使用します。

生産した鶏卵をチルド弁当の材料にするそうです。
これまでも期限切れの弁当などを回収し、家畜用配合飼料の原料にしていましたが、
今回は養鶏や弁当生産まで関与し、循環型リサイクルを確立した形です。
wwwdfg.png
2004.03.19付 西日本新聞 朝刊掲載
食卓の向こう側・第2部「命」つなぐために

 二年ほど前、福岡県内の養豚農家で“事件”が起きた。
 母豚のお産で死産が相次いだのだ。

やっと生まれたと思ったら、奇形だったり、虚弱体質ですぐに死んだり。
透明なはずの羊水はコーヒー色に濁っていた。

 「えさだ」。

ピンときた農場主は、穀物など元のえさに変えた。
徐々にお産は正常に戻ったが、二十五頭の母豚が被害に遭い、
農場主は生まれるべき約二百五十頭の子豚をフイにした。

 母豚が食べたのは、
賞味期限が切れた、
あるコンビニの弁当やおにぎりなど。

「廃棄して処理料を払うより、ただで豚のえさにした方が得」
と考えた回収業者が持ち込んだ。

期限切れとはいえ、腐っているわけではない。
「ちょっとつまもうか」と、農場主が思ったほどの品だった。
________________________________

利益追従の企業の辞書には【過去からの学び】はないのか?

所詮、消費者は家畜「生かさず殺さず」なのか!

セ*ンイレ*ンの社訓:消費者は家畜「生かさず殺さず」


en_vip_savings_728_90

この記事へのコメント