0コメント

元横綱千代の富士の九重親方が死去 61歳 

9b41b0251d9e556b2b0369d451dc097c.jpg 

大相撲の元横綱千代の富士の九重親方が死去したことが31日、分かった。61歳だった。

 「がんに勝ててもがん治療には勝てず・・・・・」

 九重親方の略歴は以下の通り。

 ◆九重貢(ここのえ・みつぐ)元横綱千代の富士。本名は秋元貢。1955年(昭30)6月1日、北海道松前郡福島町生まれ。70年秋場所初土俵。75年秋新入幕。81年秋から横綱に。通算1045勝。優勝31回。三賞7度。金星3個。89年には国民栄誉賞に輝いた。91年夏場所限りで引退後、年寄陣幕襲名。92年4月に九重を襲名し部屋の師匠に。08年2月に理事初当選。広報部長、審判部長、巡業部長などを経て、12年2月から事業部長。15年名古屋場所を休場し、膵臓(すいぞう)がんの手術を受けていた。家族は夫人と1男2女。現役時代は183センチ、127キロ。

_____________________________________________
◆インターネットでのお買い物はDubLiが断然お得!

en_vip_savings_300_250

この記事へのコメント