0コメント

少女たちの人生を狂わせた? 「子宮頸がんワクチン」の実態

lif15091808000002-o1.jpg

1割が子宮頸がんワクチン副作用、回復せず


厚労省はこれまで接種を受けた約338万人を対象に調査

厚生労働省は9月17日、子宮頸がんワクチンによる健康被害報告があった患者のうち、追跡できた患者の約1割で症状が未回復とする調査結果を示した。調査対象者は、ワクチンの販売開始(2009年12月)から14年11月までに接種を受けた約338万人。

子宮頸がんワクチンの副作用、1割が未回復…「積極勧奨せず」継続


追跡できた患者1739人のうち、症状未回復は186人(約1割)

接種を受けた約338万人のうち、健康被害の報告があった全2584人。そのうち発症日や症状が出た後の経過が確認できたのは1739人。うち症状が回復した患者は1550人(約89・1%)、未回復は186人(約10・7%)。

子宮頸がんワクチンの副作用、1割が未回復…「積極勧奨せず」継続
_______________________________________
回復していない186人の症状(複数回答)


症状

人数

症状

人数

頭痛 66人 認知機能の低下 29人
倦怠感 58人 めまい 25人
関節痛 49人 月経不整 24人
うずく痛み(接種部位以外) 42人 無意識に体が動く不随意運動 19人
筋肉痛 35人 立ちくらみなど起立性調節障害 17人
筋力低下 34人 失神・意識レベルの低下 16人
運動障害 29人 感覚鈍麻 16人
けいれん 13人

子宮頸がんワクチン:副作用 1割が健康被害回復せず〔2015年9月17日 毎日新聞〕
__________________________________________





2年前まで接種が「勧奨」されていた


子宮頸がんは、主に「ヒトパピローマウイルス(HPV)」への感染が原因で発症。年間3千人が死亡

子宮頸がんは、主に「ヒトパピローマウイルス(HPV=Human papillomavirus)」への感染が原因で発症する。HPVは一般に性行為を介して感染することが知られている。患者数は年間1万人(2008年)で、最近では特に若い年齢層(20~39歳)の間で増えている。年間約3千人(2011年)が死亡と報告されている。

子宮頸がん予防ワクチンQ&A〔厚生労働省〕


予防法には定期「検診」と「ワクチン接種」の2つがある

予防法としては、子宮頸がん予防ワクチンの接種と、子宮頸がん検診を定期的に受けることの2つがある。検診では、がんになる過程の異常(異形成)やごく早期のがんを発見することが目的。

子宮頸がん予防ワクチンQ&A〔厚生労働省〕


ワクチンは、原因ウイルスのうち5~7割を占める2つの型の感染予防が目的

ワクチンは、がんの原因となるウイルスのうち、50~70%を占める2つの型の感染予防を目的としている。2009年発売の「サーバリックス」と11年発売の「ガーダシル」があり、いずれも3回の筋肉注射が必要。

子宮頸がんワクチン〔2015年9月17日 時事ドットコム〕


ただし「5割強のウイルスしか防ぐことができない」ため検診も必要(神田忠仁博士)

ワクチンの承認時、国立感染症研究所で安全性を調べた神田忠仁博士によると、「がんを起こすリスクの高いウイルスは15種類以上といわれており、現在のワクチンは、このうち5割強しか防ぐことができない」ため、予防には検診とワクチンの両方が必要とする。

「子宮頸がんワクチン」重い副反応も…接種の是非を専門家に聞く


2013年4月から小学6年~高校1年を対象に「定期接種」を開始

日本では2010年度に公費助成が開始され、13年4月からは予防接種法に基づき、小学6年~高校1年の女子を対象に国と自治体が費用を負担する、子宮頸がん予防ワクチンの「定期接種」が始まった。

子宮頸がんワクチンの副作用、1割が未回復…「積極勧奨せず」継続


ところが、体の痛みを訴える患者が相次いだため、2013年6月に接種の「勧奨」は中止された

ワクチン接種後に原因不明の体の痛みを訴える患者が相次いだため、厚生労働省は「定期接種」となった2か月後の2013年6月、「接種との因果関係が否定できない」として積極的な接種の呼びかけを中止した。

「症状回復せず」186人 子宮頸がんワクチン接種で〔2015年9月17日 NHK〕


海外で健康被害を理由に接種が中止された国はなく、WHOも安全性を担保している

海外で子宮頸がんワクチンの健康被害を理由に接種が中止された国はなく、WHO(世界保健機関)も安全性を担保している。

接種で学校生活を送れず…どうする子宮頸がんワクチンの「推奨」
___________________________________

※当ブログでも、再三にわたり、ワクチンの危険性を警鐘してきましたが残念です。
当ブログで「ワクチン」で検索して、もう一度、閲覧して下さい。

この記事へのコメント