0コメント

不正選挙:三宅洋平の得票がゼロ!?


_________________________________________________________



_________________________________________________________

_____________________________________________________________

_____________________________________
◆インターネットのお買い物はDubLiが断然お得!

en_vip_savings_300_250


______________________________________________________________

東京都の21時30分の速報を見たまえ
http://sokuho.h28sangiinsen.metro.tokyo.jp/h28san_skai.html
(注)このURLは、時間ごとに上書きをされて表示されていったので
21時半時点のデータ、22時半時点のデータ、23時半のデータ
0時00分のデータ 最終結果と時間ごとに表示が変化している。

平成28年 参議院(東京都選出)議員選挙開票結果

21時30分で
なんと三宅洋平氏の票が都計では103票 東京23区ではゼロ。

奥多摩町では88 島部で15 大島で10だけなんだ。

じゃあ、あれだけ多くの人が三宅洋平の選挙フェスに

集まって、一生懸命票を投じたのはどこにいったのだろう?
____________________________________________________________

三宅洋平氏の票だが22時 30分 現在で
http://sokuho.h28sangiinsen.metro.tokyo.jp/h28san_skai.html
都内で30245票である。

実は、非常に奇異な点があるのだ。

それは、区によって、「票があるところ」と「まったくゼロな区」が

あるのだ。

通常、こんなことは考えられない。

たとえば杉並区は5千500だ。台東区3千。目黒区が2500

その一方で大田区ゼロ 墨田区ゼロ 江東区ゼロ 中央区ゼロ 練馬区はゼロ。

これは一体なんなんだ!

ちょっと抜粋してみよう。

千代田区が800 中央区がゼロ

港区がゼロ。新宿区3千 文京区500 台東区3千 墨田区ゼロ 江東区ゼロ

品川区5千 目黒区2500 大田区ゼロ 世田谷区ゼロ なんと渋谷区もゼロ

中野区は1千 杉並区は5500 豊島区はゼロ 北区はゼロ

荒川区はゼロ 板橋区はゼロ 練馬区はゼロ 葛飾区がゼロ 江戸川区がゼロ

あとは八王子市がゼロ 立川市が500 武蔵野市が3千 三鷹市がゼロ

青梅市が500

ワトソン君、これが何を表しているのか わかるかね?

私はこう仮説を立てた。

多数の投票箱の中には、「箱ごと中身をすりかえている投票箱」と、

「すりかえられなかった投票箱」があると思われる。

「箱ごと中身をすりかえている投票箱」がある場合、

その場合は「まったくゼロ票」というのがありうるということだ。

なぜかというと、箱を丸ごと取り替えているのであれば

自分たちが入れたい候補者名は一生懸命せっせと夜なべでもして書くだろうが

不自然だと思われないように「他の候補者の名前も書かないといけない」だろう。
ほとんどそれをやっていないのだよ。

どうだね。ワトソン君。

基本だよ。不正選挙の基本だ。

ここに過去の目撃談が書いてある。

http://velvetmorning.asablo.jp/blog/2014/12/16/7518186

このリンク先では、2014年の衆議院議員選挙のときに
「午後8時過ぎから夜中の1時半くらいまで、およそ5時間に渡って、
双眼鏡を用いて投票用紙をチェックした」そうだ

。双眼鏡でチェックした結果

「投票箱がすりかえられていると思われる観察結果」が記してある。

<渋谷区のマジック>

渋谷区にものすごい空前の人が集まって三宅洋平の選挙フェスを

聴いた。ところがこの渋谷区がゼロなんだ。

ものすごいマジックだろう。

そしてもう一つ、実は他の政党で、東京選出でトクマという人物がいる。

これはK福実現党であるが、この政党は宗教政党であるため

一定の支持者がいるはずだ。しかし、都の計でなんとたったの18票だ。

それも23区や市部では全部ゼロ票で ようやく村のところで投票されている。

これも実はおかしいのだ。

あの宗教は信者は都内に18人しかいないのか?

私は別に宗教的には中立の立場であるが、これはさすがにおかしいのではないか?と思う。

あとは犬丸勝子という不正選挙追及の女史もいるが
これもネット上で支持を集めているはずだが不自然に票数が少ないように見える。

どうかねワトソン君。

おかしいことばかりだ。

そして最大におかしい不正がおこなわれようとしているのが

比例代表だ。

開票参観者が帰ったあとに行われる。

深夜に開票が行われるのだ。おそらく不正が行われるのではないか?

<そして0時00分の東京選挙区開票である>

ここでも三宅洋平氏をとりあげる。
もともとは、おそらく東京選挙区でダントツのナンバーワン得票者であると思われる。

なぜなら、あれほど多くの東京都民を集め、
聴衆の心に訴えた候補者は今までいなかったからだ。

山本太郎氏もそうだったが今回の三宅洋平の選挙フェスに集まった東京都民は
空前絶後の人数だった。

しかも勝手に応援する勝手連というものが多数できて
三宅洋平を含む野党候補者を懸命に応援していた。

そのため
多数の東京都民が足を運び、きちんと票が数えられていたら、おそらく

三宅洋平がダントツトップ当選をしていた。しかしながら

「不正選挙」という大きな壁がある。

この不正選挙という潮流は米国から来ていて日本にも導入された。

大きく目立ち始めたのは2012年の衆議院選挙である。
そして
今回の三宅洋平の得票に戻るが0時00分現在で

東京都合計で18万8千票である。

区部合計では、13万票 そのうち千代田区では、たったの1千票。

中央区ではゼロ票。港区では5千500票 新宿区では6千500票

文京区では4千票 台東区では3,500票 墨田区では4千票 江東区ではゼロ票

品川区では7,569票 目黒区では10,000票 大田区では12,000票 世田谷区では20,000票

 渋谷区では8,000票 中野区では8千票 杉並区では1万7千票

豊島区ではなんとゼロ票 北区では4,500票 荒川区ではゼロ票 板橋区では

1500票 練馬区では1万2千票 足立区ではゼロ票 葛飾区では500票

江戸川区では5,000票 八王子市では6,000票

立川市では2500票 武蔵野市では3,500票 三鷹市では4,500票 と続く。

ここで特徴的なことは、千代田区、中央区は以前からおかしな

票の計数があった選管だが、今回も1千票とゼロ票と不自然な数値を出している。

その一方で、港区では5千500票 新宿区では6千500票

目黒区では1万票、大田区では1万2千票 世田谷区では2万票
杉並区では1万7千票とっている。

そしてなんと豊島区ではゼロ票である。荒川区もゼロ票

足立区ではゼロ票 となる。

私が思うのは、おそらく三宅洋平はものすごく人気が高く票が投じられたため

まともに投票された投票箱が開けられれば、かなりの得票を示す。

しかし区によっては、おそらくかなりの箱数がすりかえられたのか

または、500票バーコードの設定によって他候補者に振り替えられて

カウントされてしまっているのかわからないが

そういった不正選挙色が強い区選管ではゼロ票となる。


その一方でさらにおかしな票なのが

トクマ氏である。(K福実現党)

なにしろ 区部で2914票をとっているが、品川区だけ914票

大田区1千票 練馬区1千票 あとの区部は全部ゼロ票である。

これは あの団体の人数を考えても明らかにおかしい。

誤解のないように断っておくが 私は宗教的には中立の立場である。

ただ、「おかしいものはおかしい」のだ。

他にもネットでは一定の支持を集めていると思われる犬丸勝子

氏も合計で346票をとっているが品川区113票 府中市85票 福生市32票 
あとは、全部ゼロになっている。

要するに

権力者は

徹底して「期日前投票箱のすり替え」と「当日投票の低め誘導」をしていたと思われる。

おそらく、推定だが、当日投票の低投票率はあらかじめ設定してあるのではないか?

というのも今回、期日前投票者数が全体の投票者数の15%と公表されていたが

実際に票の印刷枚数は、全有権者数の90%である。

その90%の票数のうち、一部を紛失させて 期日前投票者数の分を

抜き取るとする。そうなると

全有権者数×90%(票の印刷枚数全体)-15%(期日前投票者数)だから

75%の投票率となる。しかしながら、実際には 期日前投票者分として

紛失させた分は偽票として書くことに流用されているわけだが

その一方で実際に期日前投票にやってくる人の分も票数を確保しないといけない。

だから、この人達も15%であると考えると75%-15%で

投票率が60%である。


ただ、実際に期日前投票にやってくる人達は
PC設定で増減ができる設定になっているらしいので

実際に来ている人達は15%ではなく

10%ぐらいかもしれない。

<投票率は60%から65%まで。
それ以上、上がると票が足りなくなってしまいばれてしまう>

計算すると、投票率は60%から65%というのが

本当にくる有権者数に期日前投票用紙流用分(15%)と

本当にやってくる期日前投票者交付分(10%~15%)がまかなえる水準なのである。

<投票率はあらかじめ決まっているのではないか?
60パーセントを超えないようにしないといけない裏事情>

だからなんとしてでも投票率が60%を越えるとまずいのだ。

「あっ予備票がない!」なんてことになってしまうからだ。

であるから、なんとかして当日は低投票率に誘導しないといけない。

という裏事情があるわけだ。
だからどんなに人が長蛇の列になっていても
投票率はなぜか50%台に必ずなるのはそのためではないか?


そして自分たちの票になる期日前投票は過去最高なのだ。

その一方で不正のやりにくい当日投票は、低い投票率に誘導される。

そして500票バーコード票の不正によって票の振り替え認識が行われる。

相変わらず大阪府選管は開票速報を出さなかった。

大阪府選管は、徹底して情報開示をしない。

「開票速報をやります」とホームページには載せているが都合が悪いらしく

まったく開票速報は時間ごとに掲載をしない。そして最終結果だけを掲載するのだ。

ただ一つ救いがある。

この場合、今選管には、予備票の一部が期日前投票者数と同じだけ

紛失・盗難されているという、一番外部から知られたくないことが
ある。
これを全国で調査して警察に盗難届けを出してしまうのだ。
そうなると、あわてふためくことは間違いない。

「なんで予備票の一部がないんだ」「なんで期日前投票者数と
同じ数だけないんだ!」となるところが多く出てくることが予想される。

<堺市選管という手品師>

一つ重要なことは、堺市選管では実際に 予備票の一部が各区合計で

概算10万票なくなった。それも各区選管から各区の期日前投票者数と同じだけ

なくなっているのである。まるで手品師のような選管だ。

<予備票がいつのまにか10万票も姿を消していたが、各区選管で

期日前投票者数と同じ数だけ消えていたというマジック>

ここに予備票があるかと思ったら、まったく同じ数だけ

期日前投票者数として 出現しているのだからまさに

マジックである。しかも手品師は非常に全国の選管に多いらしく

ものすごく多くの東京都民が投票したと思われる、おそらくダントツで当選して

いた三宅洋平の票を消してしまった。

ただ、一つ言えば

不正選挙をやらない限り、相手はまったく勝てないのだ。

だから、この期日前投票箱のすり替えと 500票バーコード票の誤作動を

明らかにしない限り、我々に未来はない。そして今回不正を暴くには

実際に期日前投票者数と同じだけ紛失した予備票問題がある。

これを警察を使って調査しないといけない。

また500票のバーコードの振り替え認識も毎回行われているため、
再開票すれば三宅氏はそれでも当選しているはずである。
_____________________
◆インターネットのお買い物はDubLiが断然お得!

en_vip_savings_300_250

この記事へのコメント