0コメント

米ダラスで警官銃撃4人死亡、2人拘束 黒人射殺の抗議集会で


米テキサス州ダラスの警察によると、警察による黒人男性射殺に抗議する集会で7日夜、狙撃手に複数の警官が銃撃され、4人が死亡した。抗議集会の参加者が市内を行進していると、銃声が響き渡ったという。ほかに複数の警官が負傷し、1人は重体という。

ダラス市警は、警察との銃撃戦の末に容疑者1人を拘束したとツイート。もうひとりの容疑者は出頭したという。

ダラス市警のデイビッド・ブラウン本部長は、「待ち伏せていた」銃撃犯たちに警官11人が撃たれ、3人が死亡したと当初発表。市警は後に、4人目が死亡したと発表した。

ブラウン本部長は「容疑者たちは高い位置の異なる2カ所で待機し、警官たちを捕捉し(略)できるだけ大勢の警官を殺害するつもりだったようだ」と述べた。

容疑者との銃撃戦現場に残されていた不審物を、爆発物処理班が調べているという。


抗議集会は、米国2カ所で黒人男性が連日、警察に射殺されたことがきっかけで開かれていた。南部ルイジアナ州のアルトン・スターリングさんは地面に押さえつけられた上で撃たれ、中部ミネソタ州のフィランド・カスティールさんは車の後部ライトが壊れていたことを理由に停車させられ、免許証に手を伸ばしたところで撃たれたという。

テキサスでの警官銃撃事件に先立ち、オバマ大統領は7日、「これは黒人だけの問題じゃない。アメリカの問題だ」と会見で、「公平な人なら誰もが気にするべき問題だ」と呼びかけていた。

スターリングさんとカスティールさんの射殺に抗議する集会は、現場となったルイジアナ州バトンルージュとミネソタ州セントポールのほか、ダラス、ニューヨーク、シカゴ、ワシントンなどで行われていた。

この記事へのコメント