0コメント

日本株の歴史的1日 16年ぶり乱高下、上昇銘柄は過去最少水準

r.jpg

24日の東京株式市場は、歴史的な1日となった。日経平均.N225の値幅は16年ぶりの大きさとなっただけでなく、東証1部の値上がり銘柄数は6銘柄と過去最少の水準。

取引時間中に英国民投票での欧州連合(EU)離脱支持が優勢となり、市場心理が悪化。予想外の結末を嫌気したパニック売りが広がった。

<下落率は過去9番目>

この日の日経平均.N225の下げ幅は1286円33銭となり、1990年3月19日(1353円20銭)に次ぐ過去8番目の記録となった。下落率は7.92%となり、1970年4月30日(8.69%)に次ぐ過去9番目の大きさとなっている。

日本株の序盤はプラス圏で推移したが、ランチタイムで先物に売りが出たことで軟化。英国民投票で離脱派の勝利が確実となったと伝わると、下値模索の展開となった。「海外勢の売りはもちろんだが、今夜の欧米市場の動向への警戒感が強い。国内年金勢の買いも入っていない」(大手証券トレーダー)との声が聞かれた。

日経平均の日中値幅は1525円16銭。指数構成銘柄の大幅な入れ替え発表で投資家に動揺が広がった2000年4月17日(1737円63銭)以来、16年2カ月ぶりの大きさとなった。

この記事へのコメント