0コメント

ロシアの歌姫Evgenia Laguna(ユージニア・ラグーン)アルビノーニのアダージョ


※ロシアの歌姫Evgenia Laguna(ユージニア・ラグーン)
_____________________________________

◆奇跡の歌姫 " ユージニア・ラグーン "

リュック・ベッソン監督の映画「フィフス・エレメント」の劇中、全身ブルーのエイリアンのディーバが歌う曲は、門前式発声法が特徴的なベル・カント・オペラの傑作ドニゼッティ作曲 " ルチア・ディ・ラメルモール(ラメルモールのルチア)" にオリジナルの " The Diva Dance " を組み合わせたものである。

この" The Diva Dance " 、人間には60%しか歌うことができない難曲 であり、吹き替えを担当したアルバニア出身のソプラノ歌手Inva Mulla Tchako(インバ・ムラ・チャコ)ですら80%しか歌うことができず、残りの20%でサンプリング技術で加工したほどである。



その難曲を100%歌い切ることができるのは、ロシアの歌姫Evgenia Laguna(ユージニア・ラグーン)である。

" 宇宙の声 " とでも言うべき奇跡の歌声はまさにエイリアン・ディーバそのものである。
________________________________________



_______________________________________
◆アルビノーニのアダージョ

『アダージョ ト短調』は、レモ・ジャゾットが作曲した弦楽合奏とオルガンのための楽曲。弦楽合奏のみでも演奏される。1958年に初めて出版された。

この作品は、トマゾ・アルビノーニの『ソナタ ト短調』の断片に基づく編曲と推測され、その断片は第二次世界大戦中の連合軍によるドレスデン空襲の後で、旧ザクセン国立図書館の廃墟から発見されたと伝えられてきた。作品は常に「アルビノーニのアダージョ」や「アルビノーニ作曲のト短調のアダージョ、ジャゾット編曲」などと呼ばれてきた。しかしこの作品はジャゾット独自の作品であり、原作となるアルビノーニの素材はまったく含まれていなかった[1]。
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin


雄渾多感な旋律と陰翳に富んだ和声法ゆえの親しみやすい印象から広まり、クラシック音楽の入門としてだけでなく、ポピュラー音楽に転用されたり、BGMや映像作品の伴奏音楽として利用されたりした。

ドアーズのアルバム『アメリカン・プレイヤー』収録の「友人同士の宴」では、『アルビノーニのアダージョ』の編曲と思しき楽曲に乗せてジム・モリスンが詩の朗読を行なっており、イングヴェイ・マルムスティーンの『イカロス組曲』作品4は、もっぱら『アルビノーニのアダージョ』を下敷きにしている。DJティエスト(Tiësto)はアルバム『Parade of the Athletes』(2004年アテネオリンピック開会式に使用され、日本選手団の入場の際に流れていた)において、『バーバーのアダージョ』とともに『アルビノーニのアダージョ』を用いた。ルネッサンスは、『アルビノーニのアダージョ』に歌詞をつけて「Cold is Being」という曲にしている(アルバム『Turn of the Cards』に収録)。

オーソン・ウェルズの1962年の映画『審判』(The Trial)やルドルフ・トーメ(Rudolf Thome)監督の1970年の『Rote Sonne』、『ローラーボール』(1975年制作版)やメル・ギブソン主演の1981年『誓い』(Gallipoli)、2015年の成島出の映画『ソロモンの偽証 前篇・事件』[2]といった映画の伴奏音楽ないしはテーマ曲として利用されている。
______________________________________________________________________



__________________________________________
◆トマゾ・アルビノーニ

出生名
Tomaso Giovanni Albinoni

生誕
1671年6月8日
Flag of Most Serene Republic of Venice.svg ヴェネツィア共和国、ヴェネツィア

死没
1751年1月17日(満79歳没)
Flag of Most Serene Republic of Venice.svg ヴェネツィア共和国、ヴェネツィア

ジャンル
バロック音楽

職業
作曲家

活動期間
1694年 - 1741年
トマゾ・ジョヴァンニ・アルビノーニ(Tomaso Giovanni Albinoni, 1671年6月8日 ヴェネツィア - 1751年1月17日 ヴェネツィア)は、イタリア(当時はヴェネツィア共和国)のバロック音楽の作曲家。

生前はオペラ作曲家として著名であったが、今日はもっぱら器楽曲の作曲家として記憶され、そのうちいくつかは頻繁に録音されている。なお、『アルビノーニのアダージョ』(1958年に出版)はレモ・ジャゾットによる偽作であって、アルビノーニとは直接関わりはない。
_________________________________________



ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

この記事へのコメント