0コメント

静かなブーム!・ドリームパスポートに乗馬できる!乗馬クラブが熱い!

06t-23l.jpg

 基本的に競走馬は引退すると種牡馬(牝馬なら繁殖入り)、乗馬、功労馬、処分と大きく分けて4つの運命をたどることになる。

 最も幸せなのは種牡馬だろう。ディープインパクトのように種付け料だけで年間75億円も稼ぐような馬は、どんな人間よりもV.I.Pの扱いを受け、専属スタッフによるいたれりつくせりの生活が待っている。

 功労馬は馬主や個人、専用の施設が引退後も世話をしている馬のこと。自らの遺伝子を残すことはできないが、これも幸せな余生と言えるだろう。

 この中で最も競馬ファンに近い存在となるのが「乗馬」かもしれない。乗馬用の馬は特に規定はないため、サラブレッドだけでなくアラブや混血種など様々な種類の馬がいる。ほとんどの牡馬は去勢され、基本的に丈夫で気性がおとなしい馬が乗馬向きとされるが、厳しい訓練を受けてきた競走馬は乗馬として不向きな部分もある。

 それでもかつて重賞を勝った馬、あるいは血統的人気が高かった馬、兄弟に活躍馬がいるような馬が乗馬として全国で活躍しており、競馬ファンにとって「あの重賞勝ち馬」に乗れるかもしれない。

◆すずらん乗馬クラブ


北海道にある乗馬施設。下記以外にも多くの元競走馬が在籍して乗馬できる。
すずらん乗馬クラブ
___________________________________
所在地
恵庭市西島松548

見学期間
年間見学可能 ※月曜日休場(祝日除く)

見学時間
11:00~15:00 (冬期はなるべくお早目の入場がお奨めです)

事前連絡
事前連絡必要(当日に)
※詳細は最寄りのふるさと案内所まで。

見学資格
団体の場合も当日に可否をご確認ください


○公式ホームページ   http://www.north-wind.ne.jp/~suzuran/

必ず連絡をして許可を得てから訪問してください。

______________________________________

______________________________________



ドリームパスポート:【ジャパンカップでディープインパクトと激戦!惜しくも敗れ2着】
菊花賞(G1)2着
ジャパンカップ(G1)2着
日本ダービー(G1)3着
皐月賞(G1)2着
きさらぎ賞(G3)優勝
神戸新聞杯(G2)優勝

マイネルブリッジ
NHK杯(G2)優勝
七夕賞(G3)優勝
福島記念(G3)優勝

ゼネラリスト
シンザン記念(G3)優勝
金鯱賞(G2)優勝
________________________________
title_photo.jpg

________________________________

◆乗馬倶楽部クレイン

全国に32カ所もの施設を持つ国内最大級の乗馬スクール。50頭以上の元競走馬が所属しているが重賞勝ち馬がズラリ。

乗馬クラブ クレインオリンピックパーク


馬術の発展や乗馬技術の向上を目的として、国内外で活躍できる選手と馬引きのトレ-ニング専門施設として1989年4月に開設されました。現在は、初心者の乗馬体験も開講し、たくさんのお客様にお越しいただいています。

■通年営業
10:00~18:00
■定休日
火曜日


住所
〒632-0122
天理市福住町7767

TEL0743-69-2036

Webサイトhttp://www.uma-crane.com/map-op-course/



オースミブライト  【皐月賞でテイエムオペラオーと激戦!惜しくも敗れ2着】
皐月賞(G1)2着 
日本ダービー(G1)4着
神戸新聞杯(G2)優勝
京成杯(G3)優勝

マルカフェニックス
スワンステークス(G2)優勝
阪神カップ(G2)優勝

シェーンヴァルト
デイリー杯2歳S(G2)優勝
日本ダービー(G1)6着

マイネルブラウ
小倉大賞典(G3)優勝
日本ダービー(G1)14着

キーンランドスワン
高松宮記念(G1)2着
阪急杯(G3)優勝
シルクロードステークス(G3)優勝

トーホウアラン
京都新聞杯(G2)優勝
中日新聞杯(G3)優勝
京都大賞典(G2)優勝

・クリールサイクロン
新潟3歳ステークス(G3)優勝
スプリングステークス(G2)優勝

・ダイワバーバリアン
NHKマイルカップ(G1)2着

・フェラーリピサ
エルムS(G3)優勝
根岸S(G3)優勝
_____________________________________
代表的な2つの施設を紹介したが、まだまだ多くの元競走馬が全国の乗馬施設で活躍している。

 乗馬は「セレブや意識高い系の趣味」といわれることもあるが、体験乗馬など気軽に楽しむことができる。「あのとき応援した馬に乗れる」となれば競馬ファンにとっては嬉しいかぎりである。

この記事へのコメント