0コメント

ベルギー連続テロ 容疑者逃走か、空港に爆弾残すも不発

belgian-police-photo.jpg
当局が公開した容疑者3人の映像。右端の男が逃走している可能性がある


(CNN) ベルギーの首都ブリュッセルの空港や地下鉄で相次いで爆発が起きた事件で、当局は23日までに、容疑者1人が依然として逃亡している可能性があるとして警戒を呼びかけた。連続テロでは、少なくとも30人が死亡し、230人以上が負傷した。過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」が犯行声明を出している。

ベルギー警察は容疑者の手配写真を公開し、市民に情報提供を呼びかけている。ベルギーのヤンボン内相はCNNに対し、当局が行方を追っているこの男は空港に爆弾を残していたものの、爆発しなかったと明らかにした。

ベルギー連邦検察のフレデリック・ファンレーウ氏はこの男について、空港の監視カメラに、荷物を運ぶ台車を押している様子が映っていた3人のうちの1人だと指摘。軽装で眼鏡、帽子を身につけており、検察当局が行方を追っている。

残り2人については「おそらく自爆攻撃を実行した」としている。
brussels-blast-cnn1.jpg
米当局者によると、捜査員はこの3人の足取りを追うため監視カメラの映像を分析。映像にはタクシーから降りる姿や空港内を移動する様子が映っているという。白い服を着た男が残り2人と別れ、空港をあとにしており、当局者はこれを計画的な動きとみている。

爆発が起きた空港のあるザベンタム市の市長の話として仏AFP通信が伝えたところによると、3人はスーツケースを持って空港に到着。うち2人はゲート付近で自爆し、3人目はスーツケースを乗せた台車を押していたという。ベルギー軍がこのスーツケースを見つけ爆破処理したとしている。

米当局者によると、3人を空港まで運んだタクシーの運転手が、男らを乗せた場所について証言。当局はこの情報を基に強制捜査を行ったという。
img_66dfe88504d8d94bb8d74af90852c739150833.jpg

この記事へのコメント