0コメント

ELPのキーボーディスト キース・エマーソンさん死去、71歳



イギリスのロックバンド「エマーソン・レイク・アンド・パーマー」のキーボーディスト、キース・エマーソンさんが11日、アメリカ・カリフォルニア州の自宅で亡くなりました。71歳でした。

 1944年イギリス・トッドモーデンで生まれたキース・エマーソンさんは、1970年にキーボーディストとしてグレッグ・レイクさん、カール・パーマーさんとプログレッシブ・ロックバンド、エマーソン・レイク・アンド・パーマーを結成。

 「タルカス」や「恐怖の頭脳改革」など数多くの名作を送り出しました。また、ムソルグスキーの「展覧会の絵」などのクラシック音楽をロックにアレンジする手法などでも、広く知られています。

 バンドのウエブサイトによりますと、家族のプライバシーや哀悼を尊重するとして、死因などは明らかにしていません。ドラムのカール・パーマーさんは「よい友人であり音楽仲間だった彼の死を知って深い悲しみに包まれている」と表明しています。
キース・エマーソンさんは、4月に来日公演が予定されていました。

この記事へのコメント