0コメント

慶応義塾大学やその他の研究グループ:「ポリエチレンテレフタレート(PET)」を分解する細菌を発見!

hqdefaultoo.jpg

慶応義塾大学やその他の研究グループが、世界中でペットボトルや容器などに幅広く利用されている「ポリエチレンテレフタレート(PET)」を分解する細菌を発見した。11日、科学誌「サイエンス」で発表された。

PETは世界で年間5000万トン以上生産されており、未だに大きなエネルギーを必要とする複雑な化学的な処理方法しかない。さらにPETは生分解を受けないと考えられていた。
release160311_image001.jpg
しかし日本の研究者たちが、2種類の酵素をつくり出してPETを炭酸ガスと水に分解する細菌を発見した。

なお実験で細菌はPETの薄片を2週間で完全に分解したという。



この記事へのコメント