0コメント

医学・薬学・医者・病院…,(外科的手術は除く)現代の医療システムが治せる病気は,じつは,ひとつも無い!

uploaded.png

◆反論の意見がありましたので公開します。

①万一心筋梗塞の症状が起きたら,病院に駆けつけ,「バルーン療法」や「ステント療法」は受けるべきだ。

②重篤な低血糖で意識が薄くなったら…,救急車で病院に行って治療を受けるべきだ。

③耐えられない痛みが続いたら,我慢しないで病院に駆けつけ強力な鎮痛剤を処方してもらうべきだ。

病院の医者が治せる病気は一つもないが…,しかし,現代医学の「対症療法」=病気の症状をおさえきる技術は最強! これは利用すべきだ。
体調を崩して病理現象が発症して病気になったとき,その病気を治してもらおう!と思い込んで,病院に駆け込むと,「薬石の悪効果」で”取り返しのつかない”ことになることもある。 「飯山 一郎」

この記事へのコメント