0コメント

天空の城、絶景解禁…天守台は2年3か月ぶり




「天空の城」として知られる国史跡・竹田城跡(兵庫県朝来(あさご)市)で、冬季の入山禁止期間が終わり、3日、山開きが行われた。

 遺構保護工事などで立ち入り禁止になっていた天守台と本丸も2年3か月ぶりに見学を再開。待ちわびた人たちが眺望を楽しんだ。

 登山道や見学路が雪や凍結で危険なため、市が1月4日~2月29日の入山を禁止していた。山開きは積雪で2日遅れた。天守台と本丸は、近年の観光客の急増で天守台の遺構が踏み荒らされたり、通路で見学者の転落事故が起きたりしたため、遺構保護や安全対策の工事をしていた。

 天守台一番乗りは、松山市の大学院2年生(24)。「最高の見晴らしで、石垣の規模も想像以上。来て良かった」と喜んだ。


この記事へのコメント