0コメント

情報伝達より速い神経細胞 iPS細胞から作製成功

990562.jpg

ヒトのiPS細胞から情報伝達のスピードがより速い神経細胞を作り出すことに慶応大学の研究グループが成功しました。グループでは、2年後をめどに交通事故などで脊髄を損傷した患者を治療する研究を進めていて、患者の体の運動機能を事故前の状態により近づけるのに役立つ可能性があるとしています。
研究を行ったのは、iPS細胞を使って脊髄損傷の患者を治療する計画を進めている慶応大学の岡野栄之教授らのグループです。グループではこれまで、iPS細胞からさまざまな神経の細胞を作り出してきましたが、細胞の周囲にできる「髄鞘」と呼ばれる膜を再現できにくいのが課題でした。
「髄鞘」は、神経細胞がやり取りする電気信号が互いに干渉しないようさえぎる膜で、情報伝達のスピードを高める働きがあります。グループでは、特定の遺伝子を活性化させる「プルモルファミン」と呼ばれる薬剤を加えて、iPS細胞から神経の細胞を作ったところ、髄鞘を作る細胞の割合が、3%から35%まで大幅に高まったということで、マウスに移植したところ、長い時間走れるようになったり歩幅が伸びたりするなど運動能力の回復も見られたということです。
研究を行った岡野教授は、「脊髄損傷の患者への臨床応用に向け、従来の方法とどちらがよいか研究を進めていきたい。また、多発性硬化症など髄鞘の異常が原因のほかの病気への応用も期待できると考えている」と話しています。

【NHK NEWSweb】

この記事へのコメント