0コメント

マクラーレン・ホンダのニューマシンは、中身が明らかに違う!




現地2月21日、2016年シーズンを戦うマクラーレン・ホンダのニューマシン「MP4-31」が発表されたが、ファンの間では期待よりもむしろ、失望の声のほうが多かった。なぜなら、MP4-31の外観は“失敗作”と断じざるを得ないほど無残な結果しか残すことができなかった昨年型マシンと、ほとんど大差のないものだったからだ。

 たしかに、見た目はあまり変化がないように見える。しかし、中身は明らかに違う――。

 翌2月22日、スペインのバルセロナでいよいよ開幕前公式テストが始まった。MP4-31もそこに持ち込まれ、ジェンソン・バトンがステアリングを握ってコースへと飛び出していった。

 まずは、マシンが想定どおりの性能を発揮しているかどうかを確認するためのデータ収集作業に追われる。車体面でも、パワーユニット面でも、確認しなければならない項目は山のようにあった。

 昨年の開幕前テストでは、主にパワーユニット関連のトラブルが続発して満足に走ることすらままならなかった。だが、今年は初日から順調に走行を重ねて、いきなり84周を走破してしまった。

「去年に比べれば、大きな進歩だね。84周なんて、去年は4日間のテスト全体でもこなせなかったんじゃない?(苦笑)」

 1日の走行を終えてマシンを降りたバトンは、上機嫌でそう言った。

 トップから約1.8秒差の6番手タイムだったが、まだタイムを競う段階ではないから、その順位に意味はない。とはいえ、昨年と違って少なくとも、ライバルたちと同等のレベルにあるということは大きい。

「今日は、まだセットアップ作業はなにもやっていないし、システムチェックをしただけでクルマに関しては詳しいことが言える段階ではないけど、少なくともネガティブな要素はなかったよ。現段階でもクルマのフィーリングはいいし、よいクルマだ。パワーユニットもディプロイメント(エネルギー回生)不足の問題は解決されていたし、1日を通して安定していてシステムの問題も起きなかったしね」

 バトンが指摘し、評価したディプロイメント不足の解消こそが、ホンダにとって最大の課題だった。

 それが果たされていることが確認でき、バトンから好評価を受けてセッション後に行なったテレビ会議では、F1活動拠点であるHRD Sakura(日本)やミルトンキーンズ(イギリス)のスタッフの表情も思わずほころんだという。1990年代後半の無限ホンダ時代からエンジニアとしてF1の現場で戦ってきた、経験豊富な現場責任者の中村聡チーフエンジニアはこう語る。

「基本的にはターボが弱かったので、そこを大幅に変えました。MGU-H(※)そのものはモーターの性能も目標に近いところまでいっていましたから、こちらは信頼性の対策をしただけです。HRD Sakuraやミルトンキーンズのメンバーたちも必死に頑張って開発してきましたから、テスト後のデブリーフィングでジェンソンが『かなり改善された』と言ってくれたのは、ちょっと嬉しいコメントでしたね。みんなニコッとしていました(笑)」
ただし、ここで満足するつもりはないともいう。

「我々の目標にはまだ少し届いていない部分もあるので、(2回目のテストでは)もうひと息改善したものを持ってきたいと思っています。いろんなものを試している段階で、パフォーマンスも信頼性も両方含めてまだ改善したい部分がありますから、来週のテストにはそこを手直しして、パフォーマンスと信頼性を上げた開幕仕様に近いものを用意してくるつもりです」

 今週のバルセロナでは「マーク1」、来週は「マーク2」と異なるスペックのパワーユニットを投入し、そのいいとこ取りで開幕戦本番仕様の「マーク3」を仕上げる――という報道も一部ではなされたが、これは誤報だ。

 実際、22日の午前中にはパワーユニットの吸気系にトラブルが出て、しばらくピットガレージに留まる時間帯があったが、これは事前に把握していたもの。1回目のテストには対策部品が間に合わなかったためそのまま持ち込んだが、予想どおり問題が起きたため、性能を絞ることで対応して走行可能な状態へと戻した。しかし、この対策法まで含めて事前に把握して準備をしていたため、昨年のように相次ぐ問題に振り回されて走行時間を大きくロスするような事態にはならなかった。

 パワーユニットは昨年の致命的問題を解決し、信頼性も向上させた。スタッフのオペレーションも格段にスムーズになった。

 車体側も、昨年はパワーユニットのコンパクトさを生かし、空力性能を高めるはずの“サイズゼロ”コンセプトを生かし切れなかったが、その教訓を生かしたMP4-31ではリアカウルの処理が変わり、リアのダウンフォース不足は改善されてきているようだ。

「我々は間違いなくよくなっているし、目指している成功に近づいている。メルセデスAMGを見てもレッドブルを見てもフェラーリを見ても、マシンコンセプトを設定してから成功を収めるまでに数シーズンを要してきた。我々は昨年ラディカルにコンセプトを変えたが、それが形になるまでにはそれだけの時間が必要なんだ。しかし、よい基盤はできているし、我々は自信を持っているよ」(マクラーレン・レーシングディレクター:エリック・ブリエ)

 まだ、ニューマシンでのテスト初日を終えただけでしかない。初日のラップタイムからシーズンを占うのは、早計すぎる。しかし、昨年のようにライバルたちから大きく遅れたところでひとり旅をするというようなレースを見ることは、もうなさそうだ。

 マシンの見た目は大きく変わらなくても、マクラーレン・ホンダの中身は確実に進化している。

この記事へのコメント