0コメント

カトパン、スポーツキャスター初挑戦!フリー転向後初レギュラー

fc3f0bfb-s.png


 4月末でフジテレビを退社し、フリーに転身する加藤綾子アナウンサー(30)が4月2日スタートの同局系「スポーツLIFE HERO’S」(土曜深夜0・35、日曜後11・15)で、スポーツ情報番組のメーンキャスターに初挑戦することが21日、分かった。放送スタート時は局アナだが、5月1日放送からフリーアナとして初登場。「4年後は東京五輪。私なりの目線で頑張ります!」と新境地開拓に燃えている。

 8月にリオデジャネイロ五輪を控えたスポーツイヤーの今年、フリーとしてさらなる飛躍を目指すカトパンが、スポーツキャスターとして新たな輝きを放つ。

 15年の歴史を持つ同局の看板番組「すぽると!」が週末、まったく新しいスポーツ番組「スポーツLIFE HERO’S」に生まれ変わる。その日曜メーンキャスターを務めるのが加藤アナだ。

 同番組は、勝負に隠された選手の努力や選手を支えるスタッフ、家族らの奮闘に着目し、新たな“ヒーロー”を発掘しながらスポーツの感動を伝える内容になる。

 加藤アナは、4月1日で卒業する「めざましテレビ」(月~金曜前5・25)を7年半担当。ほかにも「優しい人なら解ける クイズやさしいね」(火曜後7・57)など、バラエティー番組にも多数出演してきたが、2008年の入社後、初めてスポーツ番組に携わる。

 幼少時からピアノを習い、国立音大卒の加藤アナは「これまでスポーツとは、ほぼ無縁の人生を送ってきました」と告白。好きな競技は音楽と密接につながるフィギュアスケートで「美しくてうっとりしちゃいます」とアピールするも、プロ野球については球団数を認識している程度という。

 ただ、制作側は「ヒーローたちの素顔に迫る」という番組のコンセプトに基づき、加藤アナの人懐っこさやバランスのあるトーク力に着目。スポーツ現場での取材力に期待して白羽の矢を立てた。加藤アナも4月2日の放送開始に向け「スポーツ新聞やスポーツニュースを今まで以上に意識して見るようにしています」と猛勉強中だ。

 5月1日放送からはフリーアナとして初登場。「2020年には東京五輪・パラリンピックが開催され、スポーツが日常を彩ることになります。私と同じように、スポーツとあまり関わりがなかった方にも楽しんでいただけるように、私なりの目線を生かして頑張っていきます!」と4年後を見据えた活躍を誓った。

この記事へのコメント