0コメント

普通預金も金利引き下げ=マイナス金利で過去最低―三井住友銀

38967265.jpg

三井住友銀行は15日、普通預金の金利をこれまでの年0.020%から年0.001%へ引き下げると発表した。過去最低の水準で、16日から適用する。日銀がマイナス金利政策の導入を決めた後、金利水準が低下していることを踏まえた。普通預金金利の引き下げは2010年9月以来ほぼ5年半ぶり。
 日銀の決定後、大手銀行は定期預金の金利を相次いで引き下げたが、普通預金の金利引き下げは三井住友銀が初めて。他行も追随する可能性が高い、預金者に対する負の影響は一段と広がりそうだ。 

この記事へのコメント