0コメント

もしかして「ティッピ」か?26歳の彼女か?ライオンもビビる野生の少女エルザ






人生のうち最初の10年をそのような環境で過ごしたティッピは、その後両親の故郷であるフランスに戻った。彼女は地元で有名なフランスの公立学校に入れられた。しかし都市での暮らしはうまくいかなかった。彼女は両親が望んだような、"文明的な暮らしを上手に受け入れる"ことができなかったのだ。

 パリの他の子どもたちとはほとんど共通点が無く、彼女にとって学校へ行くことは苦痛だった。彼女が通学したのはたった2年間で、その後両親は在宅教育を受けさせた。その教育はしっかりとしたものだったが、彼女の独特な人間性は残されたままだった。

 23歳になって映画を学び、フランスで全国的に人気のあるゲーム番組に使用されるトラの世話をした。また"Tippi of Africa" という本を執筆し、その作品はベストセラーになった。しかし現在の彼女の生活はほとんど知られていない。

 最後に聞いたのは、常に自身がアフリカ人だと信じている彼女がナミビアのパスポートを取得したがっているという話だった。野生の友情を再開するため、彼女はアフリカに帰っているかもしれないという噂もあるそうだ。
____________________________




この記事へのコメント