0コメント

ヨーロッパの大きすぎて潰せない銀行(複数)が破たんか?

img_fd32ba524396fb87fa863f88ff160ac1181707.jpg

随分前から、ヨーロッパの大手銀行(複数)は必ず破たんすると警告してきましたが、今まさにそれが起きようとしています。ドイツ最大の銀行の株価が月曜日にさらに8%も下落しました。そして現在の株価は前回の金融危機の時の株価(史上最低)を少しだけ上回っている状態です。

しかしドイツ銀行の株価は2016年が始まって以降36%も暴落しており、ドイツ銀行のクレジットデフォルトスワップが放射線状に拡大しています。ドイツ銀行が危ないことは昨年9月から警告されていました。

しかしヨーロッパではドイツ銀行以外にも複数の大きすぎて潰せない銀行(独コメルツ銀行、クレディ・スイス、HSBC、仏BNPパリバなど)が非常に危険な状態です。

イタリアでは殆ど全ての銀行が破たんする危険性があります。また、ギリシャの銀行株が月曜日に25%も暴落しました。金融ハルマゲドンがヨーロッパに起こりつつあります。そして、全世界が苦しみを味わうことになります。

ヨーロッパの銀行が破たんすると、ヨーロッパ全体の株価が暴落します。昨年中旬から今日まで、ヨーロッパの株式市場の富の5分の1が消滅しました。

ヨーロッパ全体の株価暴落は主に銀行の株価の暴落によってもたらされています。
マーケットウォッチによると、ヨーロッパの銀行株は6週間連続で下落しています。これは前回の金融危機と同じ状況です。

ヨーロッパの銀行株は全体的に昨年中旬と比較しても39%も暴落しています。
2015年の後半から始まった金融危機がヨーロッパでは急激に悪化しています。いつ破たんしてもおかしくない銀行はドイツ銀行だけに留まりません。クレディ・スイスはスイスで最も重要な銀行ですが、第四四半期の損失額が58億ドルにのぼると発表しました。クレディ・スイスの株価は当会計年度から今日までで34%も下落しました。多くの専門家がクレディ・スイスがこのまま生きながらえることに疑問視しています。

このような状況はヨーロッパ全域に広がっています。
ロシアでも2大銀行が閉鎖されました。ギリシャの銀行が破たんした結果、ギリシャの株価は過去25年最低となりました。幸い、アメリカはまだヨーロッパほど状況は悪化していません。しかしアメリカもヨーロッパと同じ道をたどることになるのは確かです。

ヨーロッパの金融危機を煽っている大きな要因の1つが、ヨーロッパの大きくて潰せない銀行(複数)がエネルギー・セクターに1000億ドル以上の融資を行ってきたことです。そのため、アメリカの銀行よりも石油価格の暴落により深刻な影響を受けています。

しかしアメリカでも石油価格の暴落でエネルギー供給会社が次々と倒産しています。北米では、昨年から、エネルギー供給会社の倒産が42回も起きています。Chesapeake Energy 社も月曜日の株価が33%も暴落しており倒産は免れないでしょう。

さらに忘れてはならないのは、昨日お伝えした通り、テックバブルも崩壊中ということです。
月曜日も大崩壊が続いています。ナスダックの株価が過去18ヶ月間で最低となりました。

今まさに、我々の目の前で世界的な金融崩壊が起きているのです。
日本の株式市場も11日の祝日明け早々、747ポイントも暴落しました。

既にリーマンショック後の金融大崩壊が始まっています。
ただ、今回はリーマンショックよりも遥かに深刻であり、世界を震撼させながら全てを根本的に変えることになるでしょう。

この記事へのコメント